お楽しみは農家とのやりとり

有機農業の先進地域として知られる成田市や山武市で、農業を学び、新たに就農した人たちが集まって作った生産者グループです。

有機農業の先進地域として知られる成田市や山武市で、農業を学び、新たに就農した人たちが集まって作った生産者グループです

ガイドも、千葉県成田市と山武市、芝山町で無農薬・無化学肥料栽培を行う出荷グループ、東峰べじたぶるんで、カツオ菜という葉物を見つけました。福岡県で栽培が盛んだそうですが、関東ではあまり見かけません。

大きめの葉が特徴的ではあるものの、その葉が固そうにも見えます。買おうかどうしようかと迷いましたが、生産者さんの「おひたしでもいいし、炒めてもおいしいよ」との言葉に動かされ、試しに買ってみました。

帰宅後、さっそく油で炒めて、軽く味付けして食べてみたところ、見た目の印象と違って、葉と茎がとても柔らかなことにビックリ。風味もあって、おいしくいただきました。作った人だからこそ知っている最もおいしい食べ方のコツを直接教えてもらえるのも、生産者と直接やりとりできる朝市ならではの楽しみです。