今回はこんな質問が届きました

カカトのケアをさぼっていたらガサガサになってしまいました。冬の間にちゃんとキレイにしたいです。よい方法があったら教えて下さい(30代・会社員)


固くなったカカトは角質を柔らかくしてファイルで削り、その後しっかり保湿しましょう

イメージ画像

赤ちゃんのカカトがスベスベしていて柔らかいのは、歩いたことがないからです。一方、私達のカカトは固い。日々足を支えて歩くときに衝撃を受けるので、皮膚は厚く、角化しやすくなります。また、足裏は皮脂腺がないうえ、特に冬は乾燥してしまうので、よけいガサガサになりやすいのです。まずはお手入れグッズをうまく取り入れて、角質ケアを行いましょう。

基本は、お風呂や足湯に入って皮膚を柔らかくした後、フットファイル(足用のやすり)などで固くなった角質をやさしく削ります。ファイルは目の粗い面、細かい面で裏表になっていることが多いので、最初に粗い面でザッとおおまかに削り、そのあと細かい面で滑らかに整えるという2ステップで行って下さい。削る際は様子を見ながらにして下さいね。ファイルを使うと角質が簡単にボロボロ取れるので、つい削り過ぎてしまうことがありますから。

私も若かりし頃、ファイルのタイプがよくわからず、チーズ削りのような金属ファイルを使ったことがあります。金属だけに面白いぐらい削れ、どんどん削って、皮膚が柔らかくツルツルになって喜んでいたのですが、翌朝カカトの皮膚が薄くなり過ぎて、立つのも痛くて歩けなくなってしまった経験が。このとき角質がどれだけ大事なものなのかを身にしみて知りました(苦笑)。ということで、もう少し削りたくなるちょっと手前、少し物足りないな、ぐらいでとどめておくのがポイントです。

また、削るのではなく、角質をはがす方法もおススメですよ。靴下状の使い捨てのビニール袋の中のフットケア専用ジェルにしばらくつけておくと、その後角質がボロボロ取れはじめ、しばらくそれが続いたあとツルツルのカカトに生まれ変わります。その剥け具合といったらすごい!のですよ。だから、私は長めにつけすぎちゃって、角質がむけすぎて大変なことになったことがあります(泣)。決められた時間は守らないとやはりダメですね。過ぎたれば……です。そして、フットケア後は保湿を忘れずに。クリーム類をしっかりつけてケアしましょう。クリームは尿素入りがおススメ。こまめに保湿しておけば、カカトがガサガサにはなりづらくなります。

私はもともと、“すみっこケア”が大好き。カカトや指先など。誰に見せるわけではなくても“すみっこ”キレイだと自信が持てます。日々のコツコツケアが大事ですね。

山本さんのおすすめアイテム

 

削らずつけておくだけでつるスベカカトになれる
フルーツ酸を含んだジェルローションがしみこんだフットバックに30分、足をつけ込んでおくだけ。使用後1~3週間でつるつる、スベスベのカカトになれる。サイズはS~Lまで。ベビーフットイージーパック 1680円/リベルタ


 


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。