相場以上に高く売るのがスーパー営業マン?

buisinessman

優秀な営業マンは数多いですが、高く売れるかどうかは別の話です

周辺相場と比べて高い金額で売りに出したとしても、営業成績抜群のいわゆる「スーパー営業マン」に依頼すれば、高く売ってくれるに違いないと思っている人が未だに多くいます。しかしそれは大きな間違いです。

現在の不動産売買において、相場以上に高く売ろうとすることは、余程その地域の人気物件であったり、購入者が列をなして待っているような希少物件でない限り、難しいのが現状です。

確かに営業成績抜群の営業マンというのは存在します。しかし、「営業力があり優秀=相場以上で高く売ってくれる」という訳ではないのです。

不動産業界の現状

物件情報が不動産会社だけのものだった一昔前であれば話は違ったかもしれません。例えば、案内したお客さんに、「内見してもらった物件がこの地域では唯一無二のものであり、今購入しないと他の検討している人に先に買われてしまいます」と焦りを誘うことで成約に至っていたかもしれません。ただそれは、物件の情報で、買い手が情報を持たない時代だったからこそ可能だったのです。

今や情報はオープン化され、物件情報は不動産会社だけのものではなくなりました。誰でも気軽にインターネットで不動産を探せるようになったことはご存じでしょう。特に地域を限定して探している人であれば、そのエリアのことは不動産会社よりも詳しいということも珍しくありません。

また不動産を探せるということは、不動産会社に問い合わせて物件や資料を見せてもらわなくても、インターネットで集めてくる情報を参考にして、ざっくりとした相場を誰でも把握することも出来てしまうということです。

そうした不動産業界の現状において、どういう能力に長けている人が優秀な営業マンと言われるのでしょうか?次ページで解説解説していきましょう。