売り手が出来ることはそんなにない

売却を開始して自分の物件が売りに出されると、売り手としてはその動向が気になるでしょう。内見依頼に一喜一憂したり、案内後の買い手の反応が気になったり、不動産会社がちゃんと販売してくれているのかを心配したり……。自分の大切な財産を売りに出すのですから、気になるのも当然でしょう。つい前のめりになってしまう気持ちもよく分かります。

しかしちょっと待ってください。不動産会社に売却を依頼した後は、売主が出来ることはそんなに多くはありません。売りに出したら基本は不動産会社にお任せしておくべきです。

それでも売却するために最低限やっておいた方が良いことと、逆に「これはやらないでくさい!」というものはあります。「出来ること・やっておくべきこと」そして「やってはいけないこと」以下に順番に解説していきましょう。

まずは「出来ること・やっておくべきこと」です。

少しでも部屋を明るく見せるように

買い手が内見に来る際は、全ての部屋・廊下・浴室の照明をつけ、カーテンは開け、部屋に入った時の印象を少しでも明るいものにしておきましょう。ビジネスやプライベートの場でも、初対面の第一印象というのは非常に重要です。それは不動産にも同じことが言えるのです。

もし第一印象で「なんだか暗い部屋だな……」と思われてしまうと、その後、いくら明るく見せたとしても、その印象を挽回することは大変難しいです。窓の外は建物が建っていて暗かったり、カーテンの向こう側は隣の家のバルコニーだったとしたら、わざわざ見せる必要はありません。

しかし、例えそのような「陽当たりの悪い部屋」だったとしても、室内の照明だけは全開にして、足を踏み入れる人に少しでも明るい部屋を印象付けましょう。

室内は綺麗・清潔に

shitsunai

モデルルーム並みに綺麗にする必要はありません。生活感があっても整理整頓がされていれば、それだけでポイントアップ!

単純ですが、室内は極力綺麗にしておきましょう。そんなに肩肘張る必要はありません。要するに後片付けはしっかりやっておきましょうということです。ダイニングテーブルに使ったコップが放置してあったり、灰皿がそのまま置かれていたり、雑誌が放り出してあったり、散らかった部屋はそれだけで室内を雑多な印象に見せてしまいます。

特に浴室や洗面所、キッチンなどの水回りは要注意です。目に見えるようなカビがあるようなら、事前に掃除しておいたほうが良いでしょう。「10分後に見に行きたいのですが」と突然内見が入ることはありません。少なくとも前日までに内見依頼があることが通常です。それだけの時間があるのだから、出来るところは必要な限り、綺麗に、清潔にしておきましょう。

次ページでは「やってはいけないこと」を解説していきます。