やってはいけないこと

shitukoi

しつこくされて不快に思ったことはありませんか?売り手からの過度な売り込みに良いことはありません

売り手自ら物件をアピールし過ぎることです。今の買い手は押しつけられることを非常に嫌います。「物件の売主=売りたい人」と捉えています。良いことばかりアピールしても、「ああ、なんとしても売りたいんだな」と必死さが伝わってしまうと、逆に一歩引いてしまうのです。

売り手としては色々な思いの詰まった不動産です。良いポイントや気に入ってるところ、言いたいことはたくさんあるかもしれません。しかし、内見中の買い手の前ではおとなしくしておいた方が良いです。聞かれたら答える程度に思っておくのが一番良いと思います。

不動産会社に口を出し過ぎる

不動産会社の販売方法にあれこれ口を出し過ぎてはいけません。残念ながら不動産会社はあなたの物件だけを売却している訳ではありません。売り手が思っているような動きを100%してくれるのがベストですが、なかなかそうはいかないのが現状です。

多数の不動産会社に査定をしてもらい、吟味して選んだ会社ならば、細かいことにはあまり口を出さず、信じてどっしりと構えていた方が良いでしょう。あまり細かいことや一生懸命動いている不動産会社の行動を批判しても良いことはありません。

依頼者と受託者という関係ですが、不動産会社の担当も人間です。「この人の力になりたい!」と思ってもらえなければ、実力を発揮してもらえないのです。不動産の売却は、不動産会社と売り手との共同作業です。下手に出る必要はまったくありませんが、「こっちが客なんだ!」と上から目線で相対することだけは控えるべきです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。