伊豆長岡温泉とは

伊豆長岡温泉長岡地区

伊豆長岡温泉長岡地区は大規模な温泉宿が林立し大温泉池らしい風情

伊豆長岡温泉は、平成17年に伊豆長岡町、大仁町、韮山町が合併して誕生した伊豆の国市を代表する大温泉池です。温泉街中央の源氏山を挟んで東側が、1300年の歴史と伝統を誇る古奈温泉と呼ばれていた古奈地区で、今でも上品な宿が点在していますが、住宅街の中に宿が点在しているので、カーナビが無いと宿を発見するのが難しい感じです。一方、源氏山の西側は長岡地区で、こちらは対照的に大規模な温泉宿が林立しており、いかにも大温泉地らしい風情が楽しめます。

伊豆長岡温泉は大温泉地ですが、大温泉地では珍しい自家源泉を持つ宿も多く、源泉掛け流しの宿も多い事が特筆出来ます。また、一部の宿からは富士山を望む事も出来ます。掘削技術の進歩で、今でこそ富士山を望む温泉は多数ありますが、伊豆長岡温泉はかなり古くからの例外と言えると思います。

今回は中伊豆の入口にある大温泉池、伊豆長岡温泉を紹介します。


伊豆長岡温泉の源泉、泉質

伊豆長岡温泉「姫の足湯」飲泉所

伊豆長岡温泉「姫の足湯」に併設された飲泉所

伊豆長岡温泉には多数の源泉があり、自家源泉を持つ宿も数多くあります。泉質は単純温泉で、硫酸塩泉の名湯が多い中伊豆の入口にあるだけに、硫酸塩が程よく入った単純泉です。源泉によっては、重曹の含有が多い物など、微妙な個性の違いもありますが、基本的にはクセの無い清らかな湯です。

無料の足湯や飲泉所も整備されており、良質な源泉を文字通り味わって確認する事が出来ます。

次ページで、伊豆長岡温泉の旅館・入浴施設をご紹介します。