知っている人だけがトクをする、典型のようなSUV

気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回はプジョー3008(現行型)をご紹介したいと思います。
プジョー3008undefinedフロント

ディスチャージヘッドライト、横滑り防止装置のESP、ブレーキアシスト、プジョー初となるエレクトリックパーキングブレーキを標準装備(つまりサイドブレーキレバーがない)しています

トヨタハリアーが復活したように、日本国内でのSUV人気は根強いものがありますが、その陰で人知れず中古車価格が下がっている車があります。だからといって、性能が低いわけではありません。プジョー3008もその一例。

ひと言で言うなら、ブランド力の違いが、新車の販売台数にも中古車価格の下落にも影響を及ぼしていると言えそうです。例えばディーラー数はVWと比べても約3分の1しかありません。

身近にディーラーがなければ、車好きでない限り意識することはあまりないでしょうし、だから中古車を買おうと思う人が少なくなり、価格が下がってしまうのです。しかし逆に言えば、車好きだからこそおトクなブランド、と言うことができます。

何しろ今やミニバンと双璧でファミリーカーとしての人気を誇るSUVであるにも関わらず、原稿執筆時点で見ると新車時価格の半額以下から販売されているのです。これはおいしい。
プジョー3008undefinedリア

クルーズコントロール、左右独立オートエアコン、6スピーカー&オーディオも標準装備。上級グレードのグリフは本革シートで、前席はシートヒーター&電動調節機構が備わります

しかも2010年6月登場ですから、デビューしてまだ4年経っていない、現役バリバリのSUVです。またプジョーというと、往年の4AT(AL4)を思い浮かべる人もいるかも知れませんが、3008は最初から日本製(アイシン精機)の6速ATを搭載しています。

エンジンはプジョー308などにも採用されている1.6Lターボで、これはBMWと共同開発したもの。最高出力156ps&最大トルク24.5kg-mは特に際立つ数字ではありませんが、この車には十分なパワー&トルクです。

さて、原稿執筆時点の修復歴なしの最安値を見ると、159.9万円(2010年式/4.5万km)のプレミアムでした。しかも本来人気色である白にもかかわらず、新車時価格は339万円の十分半額以下です。

もちろんほかにも新車時の半額以下や200万円以下で走行距離5万km以下がいくつも見つかります。しかし、安いからといって3008に魅力がないのかといえば、もちろんそんなことはありません。むしろ「知っている人だけがトクをする」という一例です。

次ページで3008の魅力をもう少し見ていきましょう。