【編集部からのお知らせ】
恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

恋愛にはメリットがある

恋愛は「生き甲斐」になりうるのです

恋愛は「生き甲斐」になりうるのです

人間は基本的に、メリットのある行動しかできません。どんなに外から見て「うわぁ、それは損でしょ」と思うようなことでも、本人には密かに得があります。一見不幸に見えるような恋愛でも「この人は私が幸せにしたい」とか「私がいないとこの人はだめなの」など、本人にとって生き甲斐となるような場合があります。

このように、恋愛は人にメリットをもたらすものである……。そんな前提からいくと、私たちがなぜ恋愛をするのか?という問いの対する答えが見出しやすいでしょう。

神様も恋をする

パートナーはあなたの「鏡」のような存在

パートナーはあなたの「鏡」のような存在

新年を迎え、初詣をした方も多いのではないでしょうか。私たち日本人にとって身近な神社ですが、そこで奉られている神様だって恋愛をしています。そう考えると、神様に対してぐっと親近感が沸きますよね。

神社に参拝した時に、こんな張り紙を見たことがありませんか?「夫婦の生活は修行である」「良き伴侶は、良き鏡となる」言い方は違えど、似たような意味のものを見たことがあるかと思います。また、このような言葉は神社以外でも見ることができるでしょう。

恋愛といえば、ロマンチックな部分だけがクローズアップされがちかもしれません。しかし、古来日本人の心にはそうした「喜びも悲しみも分ち合い、ともに人間として成長する」という素晴らしいパートナーシップの形が根付いていると言えます。