プレミアムとスーパープレミアムなら特典もたくさん

ここまでは、一太郎2014徹の通常版に用意されている機能を説明しましたが、この他にさまざまな機能を追加した「プレミアム」「スーパープレミアム」という上位パッケージも用意されています。

たとえば「プレミアム」では、「字遊工房フォント」、「新明解国語辞典」、音声読み上げソフトの「詠太4」などが追加され、スーパープレミアムではさらに「マウス型スキャナ」、表計算ソフトの「JUST Calc」、プレゼンソフトの「JUST Slide」などが追加されています。

なお、上位パッケージは下位パッケージの機能を含んでいます。パッケージによる機能の違いは、こちらのページを参考にしてください。

個人のワープロ、趣味のワープロとして進化する一太郎

ライバルであるワードがビジネス色を強める一方なのに対し、一太郎シリーズは、「個人」「趣味」といった、ライバルとは別のベクトルに進化しているように思います。特に、電子書籍の作成機能を搭載してからは、その傾向が強くなりました。

仕事で使うなら、やはりワードになると思いますが、そうでないなら、一太郎2014徹は、とても魅力的なワープロだと思います。特に、自分で電子書籍を作って出版したり、退職後、エッセイや自分史などを書いてみたりしたい方には、とても使いやすいと思います。これまでの一太郎ユーザーはもちろんですが、ワードしか知らない方も、機会があれば、ぜひ触ってみてください。ちょっとだけ、世界が広がると思いますよ。






※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。