台北のスーパーマーケット

師大夜市の近くにある頂好WELCOME超市。超市とは中国語でスーパーマーケットのこと

師大夜市の近くにある頂好超市。超市とは中国語でスーパーマーケットのこと

台北のスーパーマーケットで、安くて楽しいお土産を探してみませんか? 気軽に飲める中国茶のティーバッグやドライフルーツ、乾燥タピオカや中華スープなどの食材から、可愛いお弁当箱や茶器等の生活雑貨など、スーパーは日本に持ち帰って楽しめるお土産の宝庫。24時間営業の店舗もあるので、最終日の時間を有効に使うのにもおすすめです。

デパ地下にもスーパーマーケットがありますが、デパ地下は日本製品を含む輸入高級食材が中心です。台湾っぽいものを探している人には不向きですが、思いがけず海外の食材が日本より安く手に入ることもあります。太平洋そごう復興館の地下に、citysuperというお洒落なスーパーがあります。

台湾独自の賞味期限記載に注意!

地元のスーパーで気をつけたいのは、食品に記載されている賞味期限の年号表記です。なかには西暦ではなく、台湾の年号「民國」で記載されていることがあります。民國は西暦から11を引いた数の下2ケタになりますので、2010年の場合は民國99年で、2010年10月11日までなら「99.10.11」という表示になります。「売ってる時点でもう期限切れ?」などと勘違いしないよう気を付けましょう。

スーパーやコンビニのレジ袋は有料が多い

ある日本人女性のカゴの中身は、お弁当箱、レンゲ、シール、鉢皿など楽しいもの満載でした

ある日本人女性のカゴの中身。お弁当箱、レンゲ、シール、鉢皿など楽しいお土産満載!

最近レジ袋は有料のところが多く、スーパーで1枚2台湾元(約6円)、コンビニで1枚1台湾元(約3円)が相場です(デパ地下のスーパーなどでは今も無料)。レジで「要不要袋子(ヤォプヤォダイツ)」(袋はいりますか? )ときかれたとき、いるならば「要(ヤオ)」、いらないなら「不要(プウヤォ)」または「不用(プウヨン)」と答えます。イントネーションが違うと通じにくいですが、通じない場合はYes やNo thank you でも伝わると思います。

もしも「要不要袋子?」と聞かれずにレジ袋が出てきたら、その袋は無料です。特に何も聞かれず袋にも入れられず、清算後も品物がぽんと置かれたまま(コンビニによくあるパターン)であれば、「我要袋子」と言えば有料で袋を分けてもらえます。

>>>台湾おすすめ土産については、台湾のお土産

 

台北のスーパーマーケット1 家楽福

他店で購入したものは入り口でテープを貼ってもらいます

他店で購入したものは入り口でテープを貼ってもらいます

フランス発のスーパーマーケット「カルフール」は中国語で「家楽福」と書きます。地元では大手スーパーとして大人気なんです。扱っているものは生活用品や 食料品、子供用絵本やCDなど幅広い品揃え。食料品は6個パックなどのセット売りになっていることが多いのですが、確かに安い! 数人で買って分け合うのもいいですね。

他店で購入した品物を持ち込むときは、売り場入口で係員に見せて、その袋をテープで封印してもらいます。レジ袋は有料(2台湾元)です。

<DATA>
家楽福 (ジァラァフゥ)
住所:台北市桂林路1號
アクセス:MRT板南線西門駅1番出口から徒歩10~15分
TEL:(02)2388-9887
営業時間:24時間営業 
定休日:なし

 

台北のスーパーマーケット2 大潤發

お鍋で作るスープの素や大きいタピオカなど、スーパーは食材探しが楽しい

お鍋で作るスープの素や大きいタピオカなど、スーパーは食材探しが楽しい

大潤發RT-MART中崙店は3000坪の売り場面積が自慢の大型スーパーマーケット。食料品や日用雑貨はもちろん、電化製品、寝具、バイク、靴、時計、 カメラなど、びっくりするほどいろんな物を取り扱っています。

食品コーナーでは中華スープの素やお手軽ティーバッグのジャスミンティー、お茶請けにぴったりのかぼちゃの種など日本で買えない食材を探してみては? レジ袋は有料(2台湾元)です。

<DATA>
大潤發 RT-MART中崙店(ダールンファー)
住所:台北市八徳路二段306號B2
アクセス:MRT板南線忠孝復興駅1番出口より徒歩約10分
TEL:(02)2779-0006
営業時間:9:00~23:00