最初はひと部屋から

引っ越し荷物は、一気に片付けかないものです。先にひと部屋だけ片付けて、猫が落ち着ける空間を作ってあげましょう。引っ越しのチャンスに新しい家具や猫のベッドなどを新調したい思われるかもしれませんが、引っ越し当初は今まで使っていたものをそのまま使用してください。猫は自分のニオイがついたものに囲まれていると安心できます。少々汚れていても捨てるのはいつでもできますから、猫が新しい環境に馴染むまでは、使い慣れた猫のニオイが染みついてるもので落ち着かせてください。ほかの部屋を探検させたりするのは、猫が完全に落ち着いた数日~数週間後でも遅くはありません。

警戒心の強い猫は、自分のニオイがついたものに囲まれても安心できず、ソファの下や家具の隙間に入って出てこなくなるかもしれません。もし猫が隠れてしまったらその近くにトイレと水・食事を用意して猫が自分から出てくるまで待ちましょう。猫によっては2~3日トイレを使わなかったり食事を摂らないこともありますが、無理強いするとよけいに猫を怖がらせてしまうので、猫のペースに任せましょう。

もし隠れる場所がなかったら、猫の身体が入る程度の小さな段ボールに出入り口用の丸い穴を開けて2~3個部屋の隅に置いてあげましょう。ケージがあれば、猫が慣れるまでケージに閉じこめても構いません。

新しい家に慣れるまでの注意

新しい家は使い勝手が違い、とまどうことが多いものです。ドアや窓の開け閉めで、猫が脱走しないよう十分注意してください。猫が逃げ出した場合、ある程度の距離だったら猫は元いた場所に戻ろうします。全く勝手が変わらない新しい場所で迷子になってしまったら、猫を探すのは絶望的かもしれません。そのためにも絶対に脱走させないように、また万が一を考えて首輪と迷子札ははずさないようにしてください。

引っ越しは猫だけでなく飼い主さんにも大きなストレスです。引っ越しが決まったら早めに準備を始めましょう。なんにしても同居人が不安げにしていると、猫はそれを察してよけいにストレスをため込んでしまいます。今日中に片付けなければいけない、これをしなければいけない、と自分を追い込まないで、新しい部屋で猫とゴロゴロする時間が作れる心の余裕をもてるようにしてください。

【関連記事】
猫に快適な部屋づくり
猫との暮らしに必要なグッズ・用品
迷子猫、脱走猫の探し方と防ぎ方
猫と車で出かけるー快適ドライブの準備とコツ
猫を預けるペットホテルの選び方

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。