室内飼いでも首輪と迷子札をつけましょう
室内飼いでも首輪と迷子札をつけましょう
うちの子は完全室内飼いで、家族が出入りするときはとても気を付けているから絶対に迷子なんかにならない!と思っているかも知れませんが、世の中に絶対はありません。避妊・去勢していない猫だったら、発情期の本能で網戸を自分で破って外に飛び出してしまうかも知れません。もし大きな災害が起きたら建物が壊れ逃げ出してしまうことだってあるでしょう。

もしあなたの愛猫が脱走してしまったら、迷子になった猫はどうやって探せばよいでしょうか。ここでは、脱走猫の探し方をアドバイスしたいと思います。まだ脱走されたことがない人も、明日は我が身ともしもに備えて頂ければと思います。

戻りたくても、戻れないこともある

猫だってお腹がすけばいつもの場所に戻りたいと思うはずですが、その猫が戻ってこないのには、戻れない理由があるのかも知れません。たとえば、交通事故に遭ったとか、どこかに閉じこめられてしまったとか、運送会社や配達のトラックの荷台に乗り込んでそのまま遠くに行ってしまったという事例もあります。

もし不妊・去勢手術をしていなかったら、メス猫を追いかけて遠くまで行きすぎて帰り道がわからなくなっていたり、他の猫のテリトリーに入り込みケンカに巻き込まれ大ケガをしているかもしれません。または、よからぬ考えの人が可愛い猫だからと抱き上げて自宅に連れ帰っていたり、虐待目的で連れ去られる可能性だってあります。

いなくなったことがわかったら、すぐに探しはじめましょう。早く取りかかればその分、早く見つけることができるかも知れません。

脱走や迷子になった猫の探し方

もし目の前で脱走されても、猫を驚かすような追いかけ方をしないでください。室内だけで飼われている猫が初めて外に飛び出すと、たいていの猫はびっくりして、どこにいけばよいかわからなくなりその場で固まるか、真っ先に目についた狭い隙間に飛び込もうとします。もし猫がその場にすくんでいたら同居人は慌てず騒がず、そっと猫の名前を呼びながら近づきます。猫のそばまで近寄れたら、自分の指のニオイを嗅がせて猫がすり寄ってくれたらそのまま抱き上げます。

もし猫が飛び出したまま一目散に逃げ出したら、可能な限り猫がどの方向に走っていくか後を追いましょう。その後は猫が飛び込んだ、または見失った付近から探し始めます。

猫がいつ外に出たか、どの程度時間が経ってしまったかわからない場合は、猫缶と食器を用意して、猫が出て行った場所から猫缶を開ける音をさせながら名前を呼んでみましょう。室内だけで飼われている猫は、家からいきなり遠くまで離れることが少ないです。