男らしさの真骨頂はヴェルサーチに軍配

ヴェルサーチ

ヴェルサーチ エロス オーデトワレ 100ml 1万500円

そして、何といっても男らしさといえば、ヴェルサーチを忘れてはいけません。「ヴェルサーチ エロス オーデトワレ」はその名の通り、エロスをテーマにした情熱的な香り。

ミントオイルから始まって、トンカビーンズ、ダガスカルバニラやヴァージニア&アトラス産シダーウッドへと変化していきます。身体にまとわりつくような男らしさは、このブランドならでは。メドゥーサをレリーフにした意匠の凝ったボトルもまた、官能性を助長します。

 

不動の人気のブルガリ

ブルガリ

ブルガリ マン エクストレーム オードトワレ100ml 1万395円 ブルガリ パルファン事業部

大人気のブルガリも「ブルガリ マン エクストレーム オードトワレ」が登場しました。こちらの香りは、日本フレグランス協会のフレグランス・オブ・ザ・イヤー ラグジュアリー・メンズ部門を受賞しましたもの。

ホワイトフリージアというフローラル系の香りをミドルノートに持ってきているにもかかわらず、グアテマラ産カルダモン、ベジタルアンバーなどがしっかりと利いているため、男らしさにかげりがありません。ブルガリの香りはやはり、どこか違うものという感じがします。

 

ウードの流行が来る!?

ザ・ディフェレント カンパニー

ザ・ディフェレント カンパニー ウード・シャマッシュ 50ml 2万6250円 フォルテ

最後に今後、日本でも流行るかもしれない香りのキーワードをご紹介しましょう。それはウードです。香木の一種である沈香のことで、エキゾチックな香りがします。今まで、日本人には余り馴染みがなかったかもしれませんが、香りに慣れてきた上級者を中心に人気が出てきそう。

たとえば、ザ・ディフェレントカンパニーの「ウード・シャマッシュ」はラオスのウードの他にピンクペッパーやサフランなどオリエンタルな要素たっぷり。とても力強い香りに仕上がっています。

他にも、8月に限定で発売されたメゾン フランシス クルジャンから「ウード ベルベット ムード」、「ウード シルク ムード」、「ウード カシミア ムード」の3種が発売されました。 このようにウードはこれから注目していきたい香りです。

 

今後も目が離せない、香り事情

また、アニック グタールでは「ムッシュ」が復活しましたし、ボッテガ・ヴェネタからも男性用の香りが登場し話題をさらっています。ブランド単位だと、フェンディがようやく日本で香水の販売を解禁しました。

さらにメゾン系の香りでは、歴史上の人物などにフィーチャーしたストワール ドゥ パルファムやアイルランドからやってきたクルーン キーン アトリエなどおもしろい香りも続々と増えてきています。

さて、2013年の香りで貴方の好みのものはあったでしょうか? そして、来る2014年には一体、どんな新しい男性像を見ることができるのか非常に楽しみにしています。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。