男らしさへの原点回帰

2013年の香水は「男性っぽさ」に回帰したような気がします。これまで、男性用の香水でもフローラルやフルーティといった優しく穏やかな香りが多く見受けられましたが、しっかりとした力強さの香りが増えたのが今年の傾向でしょうか。

もちろん、男性のフローラルも依然として人気はありますが、そんな中でタフな感じの香調がかえって新鮮に映っているのかもしれません。ただ、男らしさといっても、これみよがしな雰囲気ではなく、洗練されたものが主流です。では、早速、人気の香水を紐解いていきましょう。

フゼア系で大人気のグッチ

グッチ

グッチ ギルティ ブラック プールオム オードトワレ 90ml ¥1万1760 ブルーベル・ジャパン

グッチの「グッチ ギルティ ブラック プールオム」はグリーンフゼアの香り。フゼアとは渋くてやや重みがある男性用の香りの系統で、シダを意味します。

この香調ですから、男らしさがいかんなく発揮されているわけです。この香水は、女性用と対をなすカップルフレグランス。イマドキな男性らしさを出すことが重要なわけです。もちろん、グッチらしい上品なセクシーさで、幅広く支持を得ました。

 

フェラガモは海の爽やかさを表現

フェラガモ

サルヴァトーレ フェラガモ アクア エッセンツィアーレ オーデトワレ 50ml 7980円 インターモード川辺

グッチが夜のイメージだとすれば、サルヴァトーレ フェラガモの「アクア エッセンツィアーレ オーデトワレ」は昼間の男っぽさを体現しています。

ゼラニウムやローズマリーのアロマティックな香りに海の香りを想起させるカスカロンが印象的で、伸びやかで大らかなイメージなれます。これはビジネスマンがオン/オフを問わずに纏える香りとして大変便利なもの。ヒットした理由もうなずけます。

 

大注目のフェラガモの新シリーズ

フェラガモ

サルヴァトーレ フェラガモ タスカンソウル 各75ml 2万3625円

また、フェラガモは11月にも意欲的な新作「タスカンソウル」を発表しています。

ブドウ畑のイメージの「ヴェンデミア」、トスカーナの大理石のような「ビアンコディカラーラ」、フィレンツェの花とも言えるアイリスの「ヴィオラ エッセンツアーレ」、トスカーナの文化遺産を表した「コンヴィーヴィオ」の4種類をブティック専売品として、販売。こちらもヒットしていくことでしょう。

次のページでは、サマーフレグランスについて振り返ってみます