冬のフィンランドには、厳しい気候だからこそ出会える楽しみや美しさがある!

冬景色

大地も大気も凍てつくような真冬の雪景色は、どこもかしこもシャッターチャンス

地域差はあれどバランス良く四季が訪れ、年間を通して「昼が明るく夜が暗い」のがあたりまえの日本人にとっては、極北フィンランドの冬が果たしてどんな世界なのか、きっと実際に体験するまでは想像もつかないのではないでしょうか。

コテージ

外がどんなに寒くても、ホテルやコテージのなかはいつでもぬくぬく

冬の気温や服装については、過去記事「フィンランドの四季・気候と服装アドバイス」の冬の項目で詳しく説明した通り、滞在予定場所の気温と体感レベルが実際どの程度のものなのか正しいイメージを持って、万全の準備をしていけば、決して恐れることはありません。寒いのが苦手という人でも、大気が澄み切り、湖や海が凍って白い大地となり、雪や樹氷、ダイヤモンドダストが一面にきらめく冬景色は、きっといつまでも外でうっとり眺めていたくなるはず!また、犬ぞりやスキー、アイスフィッシングなど、白い雪の世界だからこそ楽しめるアクティビティテイも満載です。

さらにフィンランドでは、どれだけ外気が低くても、建物の中にさえ入れば24時間体制で20度前後の過ごしやすい室温が保たれています。だから少なくとも室内では、底冷えする日本家屋よりもずっと快適に過ごせるはず。さらにホテルやコテージに設置されたサウナを利用すれば、ぽかぽかと身体が火照ってきて、その後しばらく薄着で極寒の外に出てもちょうど心地よく感じるほどなのですよ。

 

冬のフィンランドを楽しむコツは、「寒さ」と「暗さ」対策を万全にすること

暗闇

真昼時間を過ぎたらすぐに暗闇が訪れるのでドライブ中は特に注意

冬のフィンランド旅行を計画するにあたって、まずは「寒さ」への対策に気が行きがちですが、もう一点忘れてはならないのが、北欧の冬ならではの「暗さ」を考慮した日中の旅程計画。滞在エリアによって大差がありますが、12月下旬の冬至前後は特に、南端ヘルシンキでも日照時間は6時間弱、ラップランドでは最大2ヶ月近く、1分も太陽の昇らない「極夜」が訪れます。

もちろん、日本でも日の出前、日の入り後しばらくは空が薄明るいように、日が沈んだ/昇らないからといってあとはずっと真っ暗なわけではありません。それでも、屋外観光やアクティビティの時間は日照時間に大きく左右されてしまうはずので、まずは出発前に、自分が滞在するエリアの予想気温および天候だけでなく、日の出・日の入り時間を必ずチェックして、旅行計画に反映させましょう。

 

こまめにチェックしたい、フィンランドの気象情報サイト

フィンランド国内で活用されている2大気象情報サイトが、以下の2つ。どちらもサイトでも、都市を指定すれば天気予報だけでなくその日の日の出・日の入り時間も確認することができます。

Foreca Finland(フォレカ・フィンランド/日本語対応)

Ilmatieteen laitos(フィンランド気象研究所/英語対応)

また、フィンランド気候状況に関する詳細データや年ごとの変化を追ったデータを概観したい方は、フィンランド気象研究所がウェブサイトに掲載している気象観測情報ページ(英語)に目を通してみてください。

次ページ
では、フィンランドの極夜をイメージするための基礎知識と旅程計画方法をアドバイス!