デザインに個性があるタイプも狙い目

チェスターコートが注目されているこの冬は、デザインのバリエーションも拡大しています。そこでデザイン自体が独創的なタイプを選び、フォーマルなコートを着崩すというよりも、最初からカジュアルアップなコートを選ぶという発想でチェスターコートを取り入れても今季らしい着こなしになります。

この一着は、柄の異なる生地を組み合わせたパッチワーク仕様。色味に統一感があるので、ラフ過ぎず大人なムードに仕上がっています。しかも機能素材「ウインドストッパー (R)」を採用しているため、防風性と透湿性を兼備。実用性も兼ね備えた逸品です。

こちらは、ボディがメルトン地でアームがレザーという素材のコンビネーションが独創的。上品なチェスターコートのフォルムでありながら、アワードジャケット(スタジアムジャンパー)のような表情も併せ持っています。存在感があるため、インナーやボトムスはシンプルなタイプを選び、全身トータルとしてシックにまとまるように意識すると着こなしやすいはずです。

ソフトな素材のコートを選び、敢えてオーバーサイズを選んでルーズにカジュアルダウンするというのも有効なテクニック。また、最初からドロップショルダーになることを想定してデザインされた一着をチョイスするのも賢い手段です。いずれにしても、上品なチェスターコートにリラックス感が加わり、カジュアルなアイテムにも合わせやすくなります。 次のページでは、とくに寒い日の防寒度アップ術を紹介します。