品の良いチェスターフィールドコートをどう着崩すか……

この冬に注目されているコートの要素のひとつが、長めのレングス。(体型を隠しやすいという点からもお勧めです。)  そんなタイプの中でも人気なのが “チェスターフィールドコート” です。

最近は単に “チェスターコート” と略さることも多いのですが、コートの中でももっともフォーマル度が高く、長めの丈とシンプルな面持ちが特徴。だからこそ、普段使いするためには “いかに着崩すか”、“いかに着流すか” というところがポイントとなります。そんな 着こなしの提案とともに、ウェブ上でもすぐに買えるお勧めの “チェスターコート” をピックアップしてみました。

比較的トーンが明るいグレーを選ぶ

チェスターコートの中でも、ブラックやチャコールグレーの上質なウール地で仕立てタイプがもっともフォーマル。そこで普段使いするためには、トーンがやや明るめのグレーを選ぶという選択肢があります。さらに、ジャージー地といった伸縮性のある生地なら、着心地が数段アップするのでお勧めです。

  ベージュ系を選べば上品かつ軽妙

敢えて王道のモノトーン系を避ければ、新鮮味が高まります。とりわけ、キャメルやベージュといったカラーは軽さと品の良さを兼備しているのでお勧めです。今シーズンは多彩なカラーが提案されていますので、似合う色や好きな色のチェスターコートに挑戦してみても良いかもしれません。

ソフトな素材で自然にカジュアルダウン

ニットを始めとする、少し粗野感のあるような素材のタイプを選ぶという手もあります。デザインやカラーは上品で、素材はカジュアル。そんなバランスなら、チェスターコートの魅力を生かしつつ着崩すことも簡単です。 次のページでは、さらにカジュアルなチェスターコートを紹介します。