スターディ テーブル ランプのベースは手作り

Sturdy table lamp collection

写真1. Sturdy table lamp collectionの一部


先日カナダ大使館にて、東京・恵比寿にショールームとオフィスを構えるStudio NOI主催でテーブルランプ (日本では卓上スタンド器具という) の新商品発表会が開催されました。(写真1.2)

Sturdy table lamp collection

写真2. 商品発表会の様子

商品はカナダのアーティストMartha Sturdy(以下、マーサ・スターディ)の多彩なレジンのベースに、ファブリックのトップブランドである、スイスのCreation Baumann (以下、クリエーションバウマン) の生地を使用したシェードの組み合わせをもつスタンド器具で、Sturdy Table Lamp(以下、スターディ テーブル ランプ)と言われます。

マーサ・スターディはカナダのバンクーバー生まれで、1978年、エミリー・カー美術大学彫刻課卒業。80年代はジュエリーデザイナーとして活躍し、ファッション雑誌、ELLEやVOGUEで作品が紹介され注目を集めています。今では家具、壁面アートオブジェなどのデザインを広範囲に行っています。

彼女のデザインした今回の商品はレジンと言われるスタンド器具のベースが一つの大きな特徴です。一般にベースは支柱と灯部を支えるのに必要な安定感を得るため、少し大きく重さのある円盤状のものが用いられます。

しかし、スターディ  テーブル スタンド器具は円盤状のベースはありません。ベースはレジンと言われる樹脂の素材を使用し、円筒形や四角柱形のスマートな形状で安定性を持たせています。そしてレジンは色や柄の種類も豊富です。(写真3)
レンジのバリエーション

写真3. レジンのカラーバリエーション


それらの中で、例えばチョコレートブラウンやアンティークゴールド、ニューゴールド、ホワイトマーブル、キャメルなどの色展開が予定されていますが、今回は10種類がセレクトされています。

Pebble123

写真4.ベース上部に光があたると、レジンの色によって様々な光の表情が生み出される

またベースは一つ一つ手作りで、マーブル模様の入り方が微妙に異なり美しさも格別です。特にシェードから反射した光を受けると、レジンの色によってベースの上部は光が透けているかのような発色があります。(写真4)

マーサ・スターディはバンクーバーに生まれ育ち、美しく力強いカナダの大自然に接している経緯が彼女のデザインのバックグランドになっています。力強さやアグレッシブの反面、ソフトでミニマル、セクシーさが魅力的です。

次のページでは「クリエーションバウマンの透過光」についてご紹介します。