加圧トレーニングの器具・ウエアの種類

加圧トレーニングの最大の特徴は腕の付け根と脚の付け根に専用のベルトを巻いて加圧した状態でトレーニングをする、ということです。加圧トレーニングを経験したことのない人は、血圧を測るとき手首をぎゅっと圧迫されるようなあの感覚が腕の付け根と脚の付け根にあると想像してください。
加圧トレーニングのスタジオでトレーニングを行う際も、自身で行う際も、使用する器具・ウエアのタイプは異なりますが専用のベルトを巻いてトレーニングをする点は一緒です。

今回は、実際に加圧トレーニングをするための器具、ウエアの説明をします。

そもそも、加圧トレーニングを行うための器具は加圧インストラクターのみが扱える器具と、自宅で扱うことのできる器具があります。

 

加圧インストラクターだけが扱える器具
 

まずは、加圧トレーニングのインストラクター資格者のみが扱える器具のご紹介です。
写真は加圧マスターという器具。(新旧でベルトなど多少の違いがあります)この機械でインストラクターは1人1人に合わせて適正な圧を計りながら空圧で適正圧を設定し、その人に合ったトレーニングを指導します。この加圧マスターはインストラクターの資格保持者でなければ扱えません。加圧トレーニングのスタジオではこの器具を使用しているところが多いかと思います。

加圧インストラクターのみが扱える加圧マスター

加圧インストラクターのみが扱える加圧マスター


 
 


写真右手の四角い機械の部分が本体です。写真左手の奥が脚用のベルト、手前が腕用のベルトです。足または腕にベルトを巻き、本体の半透明のチューブをベルトに繋ぎ、圧を計り、適正圧を加圧します。

本体 ¥1,596,000(税込)
腕用ベルト(左右セット) ¥94,500(税込)
脚用ベルト(左右セット) ¥115,500(税込)
セット合計:¥1,806,000(税込) 

次のページでは、自宅で扱える加圧器具についてご紹介します。