部屋の奥まで見通せる配置が広く見せるコツ

広く見せるための家具を配置は、入り口から奥まで見通せることがポイント。入り口から見たとき、家具や家電で視界が家遮られないように配置してみましょう。

例えば、ソファを置くとき。ドアを開けてすぐのところにあると、いくら奥のスペースにゆとりがあっても、窮屈さを感じてしまいます。ドア側から死角になる場所や、壁に寄せて配置してみましょう。その場から見える床の面積が大きければ大きいほど、部屋が広く感じられます。


狭い収納なら、モノを部屋の外に出そう

狭い部屋は収納の工夫も必要。仕切ったり、吊るしたりして、スペースを有効に使いましょう。

狭い部屋は収納の工夫も必要。仕切ったり、吊るしたりして、スペースを有効に使いましょう

いろいろな工夫をしてもどうしてもモノがしまいきれず、部屋がごちゃごちゃしてしまうというとき、収納スペースを広げることを考えてみましょう。

例えば、ベランダ。ベランダに収納なんてできないと思うかもしれませんが、防水の収納庫やコンテナを置いて、普段手に取らなくなったけれど捨てられない本やCDを片付けてみてはいかがでしょう。雨が気になるかもしれませんが、防水がきちんとしたものなら、濡れる心配はありません。シーズンオフの洋服までしまっているという人もいます。

また、クリーニング屋さんの保管サービスやトランクルームを利用するというのもひとつの手。クリーニング店では普段の利用があれば、数ヶ月間無料で預かってくれるサービスを実施しているところもあります。近所で使いやすいところがないか調べてみるのもおすすめです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。