一人暮らしの部屋でよく聞かれる悩みは「狭い」こと。食べる場所に料理をする場所、寝る場所に寛ぐ場所など……、生活に必要な機能が小さくまとめられた一人暮らしの部屋では、どうしてもモノがあふれてゴチャゴチャしてしまいがちです。狭い部屋を広く見せる、広く感じさせることを中心に、一人暮らしのための部屋作りのコツをまとめました。


色と素材を統一、布や小物でアクセントをつけて

家具や家電を買うときには、色や素材が手持ちのものと合うか、よくチェックしてみて。

家具や家電を買うときには、色や素材が部屋全体や手持ちのものと合うか、よくチェックしてみて

部屋作りをするときに、まず最初に考えたいのが「色使い」です。部屋全体のベースとなる色を決め、それに合わせて家具や家電などを統一していくと、インテリアにまとまりが生まれます。特に部屋の中でも大きな面積を占める壁、もしくは床の色に近いものにしていくと、すっきりと広く見せることができます。

さらに、家具や家電の素材にも気を配るのがポイント。例えば、同じ木製の家具といっても、色合いや木目の調子には大きな違いがあるものもあります。白木なら白木で、スチールならスチールで。棚の取っ手や引き出しなどの小さな箇所の色も揃えておくと、ワンランクアップした印象です。

すっきりとまとまったところで、部屋にアクセントをつけるときには、ファブリックや小物を使ってみましょう。白を基調とした部屋に北欧風のポップなカーテンをつけたり、茶を基調としたところにアジアンテイストの籠や植物を飾ってみたり。自分のスタイルを楽しむことができます。