悩ましい13インチのMacBook選び

初心者におすすめしたいMacBookの4モデル中、MacBook Air 11インチだけは他とははっきり差別化できる「軽量・小型」という特徴がありました。では残る13インチのMacBook 3モデルではどうでしょうか?

それぞれのモデルの明確な違いが以下の通りです。


【MacBook Air 13インチ(10万8800円~)】
・一番安い13インチ
・もっとも薄くて軽量
・画面の解像度は3モデルの中間
・MacBook最長の12時間のロングバッテリー
・地味にACアダプターが小さめ
・SSD起動で容量は少ないながらもサクサク


【MacBook Pro 13インチ(11万8800円)】
・現存する唯一のDVDドライブ内蔵モデル
・もっとも重い2kg超
・画面の解像度は低く11インチ並
・最大7時間とやや短めのバッテリー寿命
・ACアダプターは60Wとやや大きめ・重め
・HDDなので容量は多いが、起動・動作はもっさり
・初心者には関係ないもののFireWireポートがある
・初心者には関係ないものの後からメモリやHDDが追加・換装できる

【MacBook Pro Retinaディスプレイモデル 13インチ(13万4800円~)】
・一番高価な13インチ
・机に置いた際の面積が小さく場所を取らない
・画面の解像度が高く縦方向の情報量は他機種の約1.5~2倍
・最大9時間と長めのバッテリー寿命
・ACアダプターは60Wとやや大きめ・重め
・SSD起動で容量は少ないながらもサクサク
・HDMIでテレビに出力することができる


まだCPUやグラフィック性能、次世代Wi-Fiへの対応いかんなど他にも比較項目はあるのですが、わかりやすいものだけをピックアップしてみました。以上のことから、まず、「どうしてもDVDドライブを内蔵していなければ嫌だ」ということでもなければ、いま初心者の方がMacBook Pro 13インチを選ぶ合理的な理由が見当たりません。

となると、そもそも初心者に最初の1台としておすすめしたいMacBookは、MacBook AirかMacBook Pro Retinaの実質二択と言えます。

その価格差は約2万5000円。重量差は220g(ACアダプターも含めると差はもっと開きます)。バッテリー寿命の差は3時間。コンパクトさでは一長一短です。

以上のことからズバリ──

安くて軽くロングバッテリーなMacBookが欲しい人
→MacBook Air 13インチ


多少高価で重くても画面が広く使えるMacBookが欲しい人
→MacBook Pro Retina 13インチ


──がそれぞれがおすすめと言えます。それでもなおお悩みでしたら、本体価格が安い分、とりあえずMacBook Airで様子を見るのが間違いないかもしれません。

以上、いかがでしょうか? みなさまのMac選びの参考になりましたら幸いです。



■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。