初心者向けMacBookの候補は4種類

Macの中では比較的安価で、取り回しもよいため修理や売却も簡単と、初心者に打ってつけなMacBook。しかしMacBookとひとくちに言っても、現在では合計で5種類ものモデルがあります。

【MacBookの種類】
MacBook Air 11インチ(9万8800円~)
MacBook Air 13インチ(10万8800円~)
MacBook Pro 13インチ(11万8800円)
MacBook Pro Retinaディスプレイモデル 13インチ(13万4800円~)
MacBook Pro Retinaディスプレイモデル 15インチ(20万4800円~)
MacBookPro

いまだ現役のMacBook Pro 13インチ。実は自分でメモリ増設が可能な上、光学ドライブをSSDに換装することで激早マシンに変身する玄人向けモデルでした

このうち初心者におすすめなのはMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 15インチを除いた4モデルです。なぜかというとMBPR 15インチは値段が高すぎて、お試しで買うにはハードルが高いからです。だいいち、このモデルが気になる方は、どうしても大画面が必要で、そのためには金銭的なやりくりも辞さない覚悟がおありでしょうから、そもそもアドバイスが不要なのです。後は背中を押すのみ。

残ったMacBookはMacBook Air 11インチを除き、すべて13インチモデルです。つまり、「極限まで軽くて小さなMacBookが欲しい」という方は、事実上11インチ一択と言えます。解像度が低いので画面は狭めですがネットやメールを利用する分には十分ですし、SSD容量は少ないながらもiPhoneのバックアップは十分可能です。懸念だったバッテリー寿命の短さもMid 2013モデルで最大9時間にまで伸びたことで、日帰り程度ならACアダプターなしでも出かけられるようになりました。しかも、安い。夏に出たので値引きも期待できます。

【MacBook Air 11インチの○と×】
○一番小さくて軽いMacBook
○ACアダプター類も小型・軽量
○ネットやメールなどテキストの閲覧・入力用途なら十分
○SSD起動ゆえにサクサク
○価格が安く、値引きも期待できる
○余った予算でDVDドライブと外付けHDDが買える?
○9時間のロングバッテリー
×画面が狭い
×iTunesにCDに読み込ませるには別途ドライブが必要
×SSDモデルなので記憶容量が少ない

しかし、これまでMacBook Air 11インチを2台乗り換えてきた筆者の実感として、やはり「11インチの画面は狭すぎ」と言わざるを得ません。しかもあと1万円足せば──重さは270gほど増すものの──画面が13インチに拡大し、バッテリーが3時間長持ちし、さらにはSDカードスロットまで付いてくるのです。自分なら次は13インチを選びますし、周囲の初心者にもなるべくそちらにおすすめしています。

次のページでは、悩ましい13インチの選び方です。