棚下灯に最適な薄型LEDランプ


建築金物や家具金物などで知られているスガツネ工業は、かなり早い段階でLEDランプや器具の導入を図っていました。

特に棚板に取り付けて棚下照明の効果を発揮する器具の種類は豊富で、これらは棚下照明以外にもダウンライトや常夜灯、ショーケース照明などに使われます。
棚下LED照明BOX

写真1. 薄型LEDを棚下照明に使用した例
BOXごとに異なる薄型LED器具が使われています


着脱可能なLEDライト(SL-GX531型、GX53-52437型)

棚下灯の種類

写真2. GX53型フラット型LED ランプ(右)と従来のEFF型蛍光ランプ(左)

まず一般的にフラット型LEDランプと称するランプを紹介します。フラット型LEDランプはGX53という専用の口金に取り付けられるLEDランプです。さて「GX53口金」っていったいどんなものなのか、初めて聞かれる方も多いと思います。

普通の電球型蛍光ランプやLED電球の口金はねじ込み式タイプ(口金の直径よってE17、E26などがある)が多いですが、GX53は二本のピンを専用のソケットに合わせて回転させるだけでLED電球同様、ランプの着脱が自由にできるタイプです。

もともと安定器を内蔵したEFFというコンパクト型蛍光ランプの口金形状と同じで、このランプの代替用として、開発されたのがフラット型LEDランプです。フラットと言われるだけに、その形状は薄い円盤形をしています。

GX53

写真3. 左のGX53型を裏返すと写真右のようになっておりピンが2本ある

一般的なLED電球は光源を中心に360°近く光が拡散します。同じLED電球の中にはスポットライト型もあり、その多くは直下方向に集光するタイプです。フラット型LEDランプは直下の方向に光がでますが、光は拡散します。(照射角と言われる光の広がりは40°)

したがって棚下のように高さがあまりないところに置かれた装飾などを照らすにはフラット型LEDランプは最適な光源と言えます。


 
LEDライトSL-GX531型はフラット型LEDランプの一つで、このランプを点灯させるためにGX53口金ソケットとリングとを合わせて使用します。

リングの種類

写真4. リングは4タイプ各4色ありバリエーション豊富

リングは埋め込み、半埋め込み、面付け仕様によってホワイト、ブラック、サテンニッケルめっき、アルミ調めっきの多彩な組み合わせが可能になっており、取付板(ムク材)の使用によって選び分けすることが奨められます。

使用するフラット型LEDランプは4Wで、電源装置が内蔵されていますので、専用のソケットに接続して直接AC100 Vにつなげます。ランプの光色は5000Kと3000Kから選べ、演色性はいずれもRa80になっています。

GX53

写真5. SL-GX531型を棚下に取付けた例

LEDライトSL-GX531型のフラット型LEDランプに対して、ランプに特殊カバーを採用することで、さらに光が柔らかく、高級感をもったフラット型LEDランプにGX53 -52437型があります。(照射角60°光色は6400K、4000K、3000K、Raは75)

LEDライトSL-GX531型同様に別売りのソケットとリングと合わせて使用することが求められます。


 
次のページでは「照射角110°のLEDライト(Q68-LED型)」についてご紹介します。