出発前に知っておきたい、年末年始のカナダの事情

イルミネーションに飾られた年末年始のナイアガラ (C) Tourism Ontario

イルミネーションに飾られた年末年始のナイアガラ (C) Tourism Ontario

年末年始のお休みを利用して、カナダに旅行で来られる人はたくさんいます。ただ、カナダと日本では休業日のパターンが違いますし、スペシャルメニューだけで対応するレストランもあり、この時期ならではの注意点が数多くあります。

この記事では、現地の祝祭日、お店やレストランの年末年始の営業パターンなどの情報をまとめました。

クリスマス重視で、お正月はあっさり。カナダの年末年始

ウィスラービレッジの大晦日のカウントダウンイベント。カナダではかなり大掛かりなカウントダウンイベントのひとつ (C) Tourism Whistler

ウィスラービレッジの大晦日のカウントダウンイベント。カナダではかなり大掛かりなカウントダウンイベントのひとつ (C) Tourism Whistler

まず、年末年始のカレンダーで、おおまかな営業パターンを見てみましょう。
  • 23日 この日までは通常通り
  • 24日 クリスマスイブ。17~18時にはほとんどのお店が閉店
  • 25日 クリスマス。ほとんどの店が休業
  • 26日 ボクシングデイ(祝日)。大バーゲンの日
  • 27~30日 平常通り
  • 31日 ニューイヤーズイブ。18時ごろに閉店する店多数
  • 1日 ニューイヤーズデイ(祝日)。営業時間短縮で営業している店多数
  • 2日 この日以降、平常通り
24日は、日本の大晦日と同じと考えてください。18時を過ぎると、一気に人気がなくなります。

25日のクリスマスは、日本の元旦をイメージしてください。都心部の店はほとんどお休みです。ただし、ウィスラーやナイアガラといった観光地ではオープンしている店も見受けられます。

26日はボクシングデイという祝日。休業しているレストランなどもありますが、この日は1年で最大のバーゲンの日なので、その買い物客を見込んで営業する店も増えてきました。バーゲンについては、後述します。

31日の大晦日は、早めに閉店する店が多く見受けられますが、クリスマスイブほどではありません。ウィスラーやナイアガラのように、深夜0時に合わせ、カウントダウンイベントが催されるところもあれば、バンクーバーやバンフのように、町の中心に自然に人が集まるという感じで、町をあげてのイベントがないところもあります。カウントダウンイベントは年によっても異なりますので、現地到着後、最新の情報をチェックしてみてください。

1日の元旦は、日本ほど特別な扱いではなく、営業時間を短縮しているものの、営業している店は多くあります。

そして、カナダには三が日という考え方はありませんので、お正月の余韻を感じる暇なく、1月2日以降は全部通常通り!