ナイアガラの滝はカナダ? アメリカ?

ナイアガラの滝の位置関係写真(クリックで拡大)undefined(C) Tourism Ontario

ナイアガラの滝の位置関係写真(クリックで拡大) (C) Tourism Ontario

ナイアガラの滝は、ともに五大湖に含まれるエリー湖からオンタリオ湖へと流れるナイアガラ川の途中にあります。そのナイアガラ川はカナダとアメリカの国境線になっているので、滝ももちろん国境上。また、滝の流れ落ちるところにはゴート島があり、この島によって滝は大きくカナダ滝(幅670m、落差 53m)とアメリカ滝の2つに分かれています。

では、滝が2つなのかというと、実はもうひとつあって、アメリカ滝はさらにルナ島によって、アメリカ滝(幅 260m、落差21m)とブライダルベール滝の(幅17m、落差31m)2つに分けられています。これら3つの滝をあわせて、ナイアガラの滝と呼んでいます。

このようにナイアガラの滝は国境にあるので、カナダ、アメリカのどちらからでも見られるし、アクセス可能。では、どこからアクセスするのでしょうか?

 

ナイアガラの滝へのアクセス

トロントからナイアガラの滝へは、列車でのアクセスも可能。undefined(C) VIA Rail

トロントからナイアガラの滝へは、列車でのアクセスも可能。 (C) VIA Rail

カナダ側からのアクセスはオンタリオ州トロント。市内からでも空港からでも、大体車で2時間と考えれば良いでしょう。そのほか、ナイアガラの駅は中心部から少々離れていますが、VIA鉄道GOトレインと呼ばれる列車の利用も可能です。

アメリカ側はニューヨーク州バッファローから車で1時間。実際に距離的にも近く、アメリカの方が便がいいように思えますが、カナダ滝の方が大きく、ホテル、レストラン、アトラクションもカナダ側に集中しているので、カナダ側に滞在して観光することが一般的です。しかも、国境は混雑することもあり、入国手続きで1時間かかるようなこともあります。宿泊はカナダ側になるのですから、やはりトロントからのアクセスがおススメですね!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。