ボルネオならではの動物に会える!
コタキナバルの公営動物園、ロッカウイワイルドライフパーク

ロッカウイ入口

ロッカウイワイルドライフパーク入口。地元の子供たちが学校や幼稚園の遠足で訪れることも

ロッカウイワイルドライフパークは2007年にオープンしたコタキナバルの動物園。サバ州野生生物保護局が運営している公営の動物園です。

ボルネオの動物たちに会いに行ける観光スポットというだけでなく、地元の子供たちにボルネオの動物のことを知ってもらう教育施設として、また様々な理由で森に住めなくなった希少な野生動物の一時的な保護施設としての役割も担っています。

現在ここで会える動物は、ボルネオ象、オランウータン、テングザル、スマトラサイ、ボルネオギボン、マレーグマ、マレートラ、マメジカ、ホエジカ、サンバーディア(水鹿)、ダチョウ、バンテン(野牛)、ジャコウネコ、ビントゥロン(クマネコ)、ビロードカワウソなどのほ乳類や、サイチョウ、セイラン、コシアカキジなどの各種鳥類、ワニ、ミズオオトカゲ、ニシキヘビなどの各種爬虫類。

コタキナバル近郊でオランウータンに会えるのはこのロッカウイワイルドライフパークとラサリアリゾートの保護区のみなので、オランウータン目的で訪れる観光客の方も多いです。

園内は広いので、お子様連れや歩くのがきつい方は「トラム」と呼ばれる園内を回る電車を利用すると楽ちんです。ひとり2リンギットで10:00/11:15/14:00/15:15にエントランス前を出発します。ただトラムだと各ステーションでの見学時間が限られているので、歩ける方は自分のペースで回る方がのんびり楽しめるかと思います。

山の中なだけあって、自然がたっぷりで森林浴気分で歩けますが、日射しの強い日は暑くなるので水分補給用の飲み物や帽子などお忘れなく。蚊も出るので虫除けスプレーも用意しておくといいですね。

目玉は動物たちが特技で魅せるアニマルショー!

アニマルショー

アニマルショーは英語の説明がわからなくても楽しめる内容です

観客参加型で進むアニマルショーもここの目玉のひとつ。動物園の人気者たちが次々に出てきて特技を披露してくれます。詳しい内容は見てのお楽しみですが、前の方に座ると動物との距離が近くてより楽しめます。

約45分間のこのショーは金曜以外の毎日11時と15時15分から一日2回開催されています。なのでパークへは金曜日以外、園内を回った後アニマルショーを見れるように10時か14時あたりに行かれるのがおすすめです。

他にも土日祝日とマレーシアのスクールホリデー期間には10~11時、14~15時の間で子供向けに象乗り体験ができるエレファントライドのアクティビティ(5リンギット)も開催されています。

ロッカウイワイルドライフパークへの行き方

街からロッカウイワイルドパークへ行くバスはないので、タクシーチャーターまたはツアーで行くのが一般的です。帰りのタクシーは現地では拾えないので、タクシーで行かれる場合は必ず往復でチャーターして下さい。街からの往復チャーターだと、待ち時間2時間程度込で120リンギット程度が相場です。

園内の動物見学に約1時間、アニマルショーに約1時間で合計2時間あれば一通り見て回れます。
マップ

園内マップと各アクティビティのスケジュール。こちらのマップはチケット購入時にもらえます。

<DATA>
LOK KAWI WILDLIFE PARK
住所:W.D.T No.63, Jalan Penampang, 89507 Penampang, Sabah
TEL:088-765793
営業時間:年中無休 9:30~17:30(入園は16:30まで)
入場料:大人20リンギット、子供10リンギット

※2013年11月現在、1リンギット=約30円

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。