私は机の上では、スケジュール帳を専用スタンドに立てて使っている。

普段のデスクワークは、パソコンのモニターを見ることが中心。つまり、視線で言うと、前方を見ている。その視線の延長線上にスケジュール帳紙面もあった方がチェックしやすくなる。この立てかけるというのは、もはやスケジュール帳にとどまらず、今やノートを立てるためのカバーまで出てきて、デスクはにわかに「自立まつり」のようになってきた。

そんな中、またしてもユニークな自立アイテムが登場した。

欧文印刷の「レポートパッドホルダー」だ。
欧文印刷undefinedレポートパッドホルダー

サイズはA5。レポートパッドの他に色々なものを立てたり貼ったりできる。欧文印刷「レポートパッドホルダー」1575円。


多機能なスタンド

表紙を広げるとA5のレポートパッドを収められるポケットスペースがある。ちなみに、レポートパッドは付属されておらず、自分で手配する必要がある。
欧文印刷undefinedレポートパッドホルダー

表紙を開くと下側がレポートパッドホルダー部分になっている


ユニークなのは、この表紙の部分がもう一段階広げられるようになっている。「基本スタイル」と呼ばれる使い方は、この表紙の部分を下の写真のように立てる。こうすると手前にはレポートパッド、そしてそのすぐ奥には自立したスタンドが出現する。
欧文印刷undefinedレポートパッドホルダー

表紙を“山状”に立てて各種スタンドとして使う


このスタンドが色々と使える。たとえば、ToDoをメモした付せんを貼っておくのもいいし、手帳をそのまま立てかけるなんていうのにも適している。手帳だけでなく、iPadも立てかけられる。
欧文印刷undefinedレポートパッドホルダー

付せんを貼ってみると、ブラック地なので付せんがとっても映える。

欧文印刷undefinedレポートパッドホルダー

私が普段使っているA6(文庫本)サイズの手帳をセットしてみた

欧文印刷undefinedレポートパッドホルダー

厚みのあるiPad(第一世代)もOK

欧文印刷undefinedレポートパッドホルダー

ホワイトボードのシートが一枚付属されているので、それをスタンドにセットすれば、小さいながらもマイホワイトボードにもなる。


スタンドのうしろ足の部分をずらせば、スタンドの角度は自由に設定できる。気が効いているのは、このスタンドの足に2カ所ストッパーがあるところ。机の上でズルズルと滑っていかないようにしてある。
欧文印刷undefinedレポートパッドホルダー

スタンドの脚には滑りにくい素材のテープが貼ってあるので安心


メモ撮影スタンドにもなる

もうひとつ別のスタイルも楽しめる。こんどはレポートパッドを立てるようにして、三角形をつくる。これは、書き込んだ紙面をスマホなどで撮影するのに便利。机の上に置いたままでの撮影だと、どうしても椅子から立ち上がらないといけないが、これなら座ったままで撮影できる。

また、自分で書いたメモを見ながら入力する時にも、このスタイルはいい。
欧文印刷undefinedレポートパッドホルダー

椅子に座ったままでもメモや書類をスマホで撮影しやすい


レポートパッドをセットして使うということで、パソコンモニターの右側に置くことになる(右利きの場合)。置く場所は限られてしまうという事情はあるが、スタンド部分には色々なものがセットできる自由さがある。

何かを書く時は、机の上に置いてというのがいいが、見るにはやはり立てたほうがいい。その使い分けができる便利なスタンドだ。

■関連リンク
  *欧文印刷

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。