翌日の午前中までには必ず返事をする

お見合いをした後、必ずしなければならないのは「返事」です。何も言わなければ断ったことになるといった、自然消滅的な曖昧さはお見合いではありえないので、OKでもNGでも、どちらにせよ相手側に気持ちを伝える必要があります。

返事は、相手に直接伝えるのではなく、間にはいってくれた仲人さんなどに知らせます。タイミングとしては早いに越したことはないので、当日に返事をしてもいいでしょう。遅くても、翌日の午前中には連絡をするようにします。

返事までの時間が短いと思うかもしれませんが、返事に悩むということは「よくわからない」とか「可もなく不可もない」という状態になっているのだと思います。この場合には、もう一度会ってみることをおすすめします。人にはいろいろな面があり、お見合いという短い時間で知ることができるのはほんの一部に過ぎません。何もわからない状態でNGの判断するのは、もったいないと思います。

生理的に受け付けない場合には、当日に返事をしてしまおう

とはいえ、生理的にどうしても受け付けない場合もあるのは事実です。それは仕方のないこと。たとえば、歯並びが悪い、歯が汚れているなどといったことは、女性はとても気にします。その理由は、その人とのキスを想像するからです。
もし、この人とキスをしたら……と考えたとき、歯が汚れていたら甘い気持ちも吹き飛んでしまいます。

また、匂いに関しても同じです。生理的に受け付けない匂いの場合、抱かれたくないと思ってしまうのです。このように、相手の性格の問題ではなく、生理的な問題がある場合には、会ってすぐにわかるものですから、当日に返事をしてしまいましょう。

最初の連絡は、必ず電話でする

最初の連絡は、男性から。メールではなく、電話をするのが鉄則

最初の連絡は、男性から。メールではなく、電話をするのが鉄則

一方、もう一度会ってみたいと感じたら、仲人さんにその旨を伝えます。もちろん、相手の気持ちもありますから、両者が交際をスタートさせたいという気持ちで一致している場合には、いよいよお付き合いが始まります。

ここで気になるのが、どちらが先に連絡をするのかということ。男性から女性に電話で連絡をするのが一般的です。恥ずかしいからメールで連絡を取ろうと思う人もいますが、メールの場合には、なんだか堅苦しい文面になったり、気持ちが伝わらずに誤解をうむ可能性があります。そのため、声のトーンで相手の気持ちがわかり、しかもその場で次の約束ができる電話で連絡をするのです。

ただし、お互いに仕事をしているとなかなか電話ができないこともあります。帰宅が深夜になる場合には、いくら連絡をするといっても、電話はできません。そのため、もし3日程度待って連絡がない場合には、女性の方から電話をしてみましょう。電話をかけることができなくても、出ることはできるかもしれないので、ここは臨機応変に対応したいものです。