バツイチはモテる? 離婚後にモテる男女に当てはまる特徴5つ

2分に1組が離婚する時代。バツイチだからこその強みがある

2分に1組が離婚する時代。バツイチだからこその強みがある

今や2分に1組が離婚する時代といわれています。でも、逆に考えると、それだけバツイチが増えているということで、初婚よりも再婚者の方が人気が出てきているということもあります。なぜバツイチはモテるのか? その理由を探っていきましょう。
   

バツイチがモテる理由1. つらい経験をして、精神的にたくましい

離婚は結婚よりも大変、まさに修羅場と言われますが、そのくらい辛い経験といってもいいでしょう。精神的に追いつめられることもありますし、毎日のように涙していたかもしれません。もう恋愛や結婚は無理だと考えていたころもあったでしょう。そんな辛い経験をして、今は立ち直り、一歩踏み出したのが「バツイチでモテている」彼や彼女です。つらい経験を乗り越え、心がタフになっているのがバツイチなのです。
 

バツイチがモテる理由2. 結婚生活を反省し、前向きに改善している

離婚をする理由は様々ですが、結婚生活に終止符を打ったということには変わりありません。そのため、それまでの生活を振り返り、自分なりに自己分析や反省をしているはずです。次の結婚ではこうしようという分析が活かされてくるので、気遣いや優しさなど、結婚生活に欠かすことのできない部分がしっかり補われていると思います。
 

バツイチがモテる理由3. 落ち着きがあり肝が据わっている

離婚という修羅場をくぐったことで、多少のことでは動揺しなくなります。肝が据わったというか、女性としての強さ、男性としてのたくましさが強くなるので、物事に動じなくなるのです。バツイチの場合は、初婚の人よりも年齢が高くなるので、恋愛や結婚以外での経験値から落ち着きが出てくるということもあるでしょう。
 

バツイチがモテる理由4. 異性の扱いが上手い

離婚を経験した男性は、女性の気持ちをくみとって、上手につきあっていく

離婚を経験した男性は、女性の気持ちをくみとって、上手につきあっていく

男女ともに、ひとりの異性と一生添い遂げようとした経験があることで人間的に成長します。さらに、離婚を経験すれば、お互いや家族も交えて深く話し合い、人生において大きな決断をすることになります。それゆえに、バツイチの人は相手の気持ちを汲み取るのが比較的上手になります。とくにバツイチの男性は、独身男性に比べて女性の扱いにたけている傾向があります。やはり、辛い経験から学んだことが多いのでしょう。女性を優先した考え方を持っている人が多くみられます。
 

バツイチがモテる理由5. 結婚生活への覚悟がある

バツイチならばよく見かけるようになったのでとくに問題視されないことも多いですが、「次は失敗できない」という気持ちが強くなっています。バツイチの場合は、初婚の人よりも年齢が高いことが多いのも理由の一つです。年齢が上がれば上がるほど、再婚のハードルが上がってしまうからです。そうなると多少のことでは動じなくなったり、相手の気持ちを考えて行動するというように、覚悟を持って再婚した後の生活を送るようになります。
 

バツイチの人を好きになったときの注意点

このように経験がものを言う再婚者はお勧めですが、一方で、バツイチだからこその難点もあります。

■再婚者は慎重である。
■トラウマがある人もいる。(結果、失敗を恐れる傾向にある)
■しがらみがめんどくさい。(元妻や子供との付き合い)
■元妻・元夫と比較されているのではないかと相手が不満に思う。
■経済的な問題(養育費)がある。


主に「バツイチ子持ち」の場合、手元にいる場合も離れて暮らしている場合も相手と別の人の間に生まれた子供がいるという精神的な壁と、養育費や慰謝料などの経済的な壁があり、なかなか受け入れられない場合もあるかもしれません。

バツイチの相手に惹かれたら、こういった問題をクリアしていくことが大切で、プラスとマイナスの両方の面をしっかり見ていくことが、バツイチとの再婚には不可欠になります。

【関連記事】


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。