恋愛における「3年の壁」

いくら交際期間が長くても、同棲をしていても、油断はできない。突然破局がやってくることも

いくら交際期間が長くても、同棲をしていても、油断はできない。突然破局がやってくることも

婚活をしている人の多くは、お見合い結婚よりも恋愛結婚を希望していると思います。お見合の方が結婚までスムーズだし長い時間もかからないのですが、それでも恋愛を選ぶのはなんとなくロマンチックな印象があるからかもしれません。でも、実際のところ恋愛結婚がうまくいくのは全体の4割程度。特に「3年の壁」と言われているように、交際期間が3年未満だと6割以上のカップルがわかれてしまうほどです。

とはいえ、交際期間が長ければ安心かというと、そうでもありません。お試し期間として同棲をするカップルもいますが、気づけば5年、6年がたっていることもザラです。そうなると結婚してもいいようなものですが、逆に結婚に至らないケースも多々あるので、実例を挙げてみていきましょう。

同棲6年のカップルでも破局する

Aさん(37)は彼と6年同棲をしていました。それなのに、ある日突然、「結婚したい人がいるので別れてほしい」と言われてしまったのです。6年も同棲をしていれば、もはや奥さんとして暮らしていたようなものです。近所の人や彼の友達とも仲良くしていましたし、住んでいた家も自分の家のような感覚でした。これまで彼が浮気をしたこともありましたが、許してきました。それも、彼との同棲を続けたかったからです。それを一度に失うことになってしまったAさん。

加えて専業主婦で仕事もしていなかったので、その後は仕事探しをすることになりました。でも思うような仕事は見つからず、実家に戻ることにしたそうです。実は、彼女の両親は籍を入れたと思っていたのです。時々家に行って食事をしていたので、「娘夫婦」の姿をしっかり見ていたからです。

彼のと仲は特に問題はなかったとAさんは言うのですが、客観的に考えるとやはり問題点があります。ポイントを4つ挙げてみましょう。

早々に入籍をしなかったことが最大のミス

いくら好きといっても、人の気持ち(特に強い恋愛感情)はもって半年です。それ以降は恋愛というよりは家族になってしまうので、いるのが当たり前の存在になります。そうなるとどうしても結婚したいという気持ちも薄れてしまいますし、他の女性に目移りしてしまうこともあります。その結果、破局という事態になってしまうのです。Aさんの場合には、同棲しているからという安心感がアダになったというわけです。

主婦らしくしすぎた

主婦とはいえ、女性であることを忘れてはいけない

主婦とはいえ、女性であることを忘れてはいけない

まるで主婦のように生活をしてきたので、だんだん気持ちが緩んできてしまったのも問題です。たとえば化粧をしなかったり、洋服などに気をつかわなかったり。いくら同棲をしているらといっても、男性はこぎれいにしている女性が好きなのです。バッチリメイクは必要ありませんが、女性らしさを忘れてはいけません。

自分の世界を持たなかった

専業主婦をしてきたAさんは、毎日食事の用意や掃除洗濯の繰り返しでした。自分の趣味を持たず交際範囲も広がらなかったので、自分の世界を持てずにいたのです。彼からすれば、向上心もなくつまらない女性になってしまっていたのだと思います。もし自分の好きなことをしていたらもっと輝く女性になっていたのではないでしょうか。刺激的で魅力のある女性は男性に好意を持たれます。

浮気を許してしまった

彼の浮気を許すことは必要かもしれませんが、肝心なのは許すまでの過程です。わかれるのが怖くてあまり怒ることもせずに許してしまったAさんは、自分では「優しい女性」だと思っていたかもしれませんが、彼からすれば感情が見えない女になっていたのです。相手がどういう感情を持っているのかがわからないと、人は不安になります。しかも浮気に対する感情ならば尚更でしょう。やはり男性は喜怒哀楽がある女性の方を好むのです。

今回紹介したAさんは、同棲期間が長く気持ちの上で油断があったことが破局の原因になっています。同棲=結婚ではないことをしっかり認識しておく必要がありそうです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。