シルクや赤米を使用した蕎麦が特徴

1

なごみ玄関


 
神楽坂のsoba dining 和みにお邪魔した。和みは2010年9月8日にオープン、開店時よりお気に入りで、いろいろな会合に利用させて頂いている。お店の特徴であるシルクや赤米を使用したオリジナルの蕎麦はそれぞれの食感や風味が楽しめる。

オーナーの山崎惠美子さんの故郷、福島の風味豊かな会津産のそば粉を使用した十割蕎麦は格別である。娘婿の山崎祥平さんが打つシルクそばには必須アミノ酸を含む18種成分で吸収力の良い純国産シルクパウダーを使っている。赤米そばには無農薬で作られた栄養豊富な石川県産の赤米パウダーを使用。他にも旬の食材を使用した美容や健康を意識したメニューが並ぶ。これは若女将の山崎綾子さんが経営されているリラクゼーションサロンのお店『healing space 和み』とコンセプトが合致している。銀座にあり一度お邪魔したい。

先ずは、白穂乃香で乾杯。サッポロビールの特別なビールである。活きた酵母菌が醸し出す上品な香りと味が楽しめる。このピールは選ばれたお店でしか飲めない無濾過のプレミアム樽生ビールである。

 

3

蕎麦ふ田楽


蕎麦ふ田楽はオリジナルの逸品である。蕎麦麩田楽は蕎麦粉で作った生麩を揚げたもので、トッピングの蕎麦味噌ととても相性が良い。
4

ニシンの山椒漬け


ニシンの山椒漬けは江戸ソバリエと店主の惠美子さんの共同作品である。もともとはメニューには無かったが評判が良いそうだ。ご来店の時はご注文をどうぞ。

 シルク蕎麦

5

シルク蕎麦と10割蕎麦

蕎麦は十割蕎麦とシルク蕎麦の合盛りとした。十割蕎麦は福島県会津産のそば粉100%の蕎麦。シルク蕎麦は福島県会津産のそば粉に、食用のシルク(絹)を混ぜ合わせ打った蕎麦。シルクは、上質なアミノ酸を効率良く摂取できる。

水そば

6

水蕎麦

写真の水そばの紹介。福島県会津地方、山都町発祥の食べ方。氷水の中に、お蕎麦が入っている蕎麦(水は、あぶくまの天然水使用)。

【おすすめの食べ方】
1. 氷水の中に入っている蕎麦をそのまま食べる
2. 氷水の中に入っている蕎麦を、つゆにつけて食べる。
3. つゆのなかに大根おろしを入れて、食べる。
一杯のお蕎麦で三度楽しめる水そばも和みの定番の蕎麦てある。

【店舗情報】
店名:soba dining 和み
TEL:03-3267-5666
住所:東京都新宿区神楽坂3-2-31 2F
最寄り駅:有楽町線、南北線、JR総武線「飯田橋」駅 など
営業時間 :11:00~14:30(L.O.14:00) 、17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜日、第三日曜日
席数:16席 (カウンター6席 テーブル10席)
地図:Yahoo!地図
http://www.soba-nagomi.jp


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。