初心者の方におすすめの空手衣

今回は、空手をはじめる・はじめたばかりの方向けにおススメの空手衣・空手用品について、武道・格闘技用品を専門に取り扱う格闘技プロショップ 東京イサミさんにお邪魔して、中里修久店長にお話をお伺いして来ました!空手に限らず何事もはじめる時には必要なものが多く、お金がかかりますよね。そこで、東京イサミ 中里店長に初心者の方向けのお得な空手衣をご紹介頂きました!

■入門用フルコンタクト空手衣 K-15
空手衣,おすすめ

葛城空手衣伝統派 K-125


  • サイズ00号(身長110cm)~3号(150cm)
  • サイズ4号(身長160cm)~8号(185cm)

低価格ながらも良質な生地を使用した、初心者向けのフルコンタクト空手衣です!

■葛城空手衣伝統派 K-125
空手衣,おすすめ

葛城空手衣伝統派 K-125


  • サイズ03号(身長115cm)~1号(身長145cm)
  • サイズ2・3号(身長155cm・165cm)
  • サイズ4・5号(身長175cm・185cm)
  • 純白帯(晒) F-200 サイズ00~3号(長さ185cm~245cm)
  • サイズ4号~8号(長さ265cm~330cm)

衿も見頃もソフトで着やすい!初心者向け伝統派空手衣です!

空手衣の歴史

沖縄の空手(唐手)には、もともと現在の空手衣のようなものはなく、大正時代に柔道の加納治五郎の招待により船越義珍が講道館で空手演武を行い、その後空手講習会を開くにあたり借りた柔道衣が空手衣に変化したと言われています。そのため見た目は似ていますが、道衣を掴んで引っ張ったり投げたりする柔道衣は分厚く丈夫になっていますが、空手衣は基本的に掴んだり投げたりしないため、薄く、動きやすくなっています。空手衣で柔道をすると破れてしまうので、やめましょう(笑)。

私が中学時代に所属した柔道部では、柔道衣は洗うとなかなか乾かないので、稽古後汗だくの道衣を道場に干して毎日着続け、洗うのは週1回週末のみだったので、いつも汗臭かったのを思い出します。その点、空手衣は薄く乾きやすいため、毎回洗えますのでご安心ください!

新品空手衣を着るまでの準備

新品の空手衣は、洗うと縮みますので、道場で着る前に一度は洗濯をしましょう。だいたい4~5回洗濯すると、サイズが定着してきます。乾燥機を使うと生地が傷むので、できるだけ使わないことをお勧めします。

空手衣の洗濯方法

未晒(アイボリー)空手衣の洗濯機での洗い方をご紹介します。

1.空手衣のみで
空手衣は大きいものですので、他のものと一緒に洗濯しないこと。必ず単品で洗濯してください。

2.洗濯コースを選ぶ

洗濯機には、洗うものによって多種の洗い方コースがあります。空手衣の場合は大物コースやしっかりコースまたは手洗いコースなどを選び、すすぎの課程では注水しながらすすぐコースを選び、すすぎ水が透明になるまですすぎ、少なくとも2回・3回このコースを繰り返してください。

3.すすぎが重要

布地を織るにはまず糸の段階で糊を付けて糸をより、そのより糸を布地に織り上げます。ここで糊や自然の綿花(綿)を使っているため、洗濯すると洗濯機の水は黄色っぽい色になります。この濁り水のままですすぎますと、この色が再度空手衣に付いてしまうことがあります。

4.干す時

軽く脱水後に、手でよく空手衣をたたいて形を整え、日陰干しをしてください。タンブラー乾燥の場合、100%ではなく80%位の乾燥をして、その後日蔭で干すことをおすすめします。シワになり過ぎることを抑えられます。

5.注意事項

  • 直射日光の乾燥は空手衣が硬くなるため、必ず日陰干しをしてください。
  • タンブラー乾燥のし過ぎ、急速な高温度乾燥は縮みが大きくなりますので注意してください。
  • 洗剤は必ず中性洗剤を使用すること(塩素入り漂白剤は生地を痛めます)。粉末洗剤の場合は完全に溶かして使用してください。

中里店長によると、洗剤は粉末より液体洗剤の方が生地に入り込み汚れがよく落ちるそうです。

使っていくうちに黄ばんでいく道衣を白く保つ方法

長く空手衣を愛用していると、生地がだんだん黄ばんでくることがあります。この黄ばみをできるだけ防ぐ方法もお聞きしました。少し黄ばんできたかな?と思ったら、90℃位の熱湯に10~20分位漬けてから洗濯すると、黄ばみがよく落ちるそうです。

空手衣を購入するには、実際に買ってからサイズや着心地が違う……といったトラブルを防ぐためにも、実際にお店で試着してみると良いと思います。近所に試着できるお店がない場合はインターネットなどで購入することもあるかと思いますが、東京イサミさんではそういった場合でもできる限り着る人に合った道衣を提案できる様、電話相談も対応してくれます。購入予定の方は一度お話をお聞きしてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。