開放感と落ち着きが同居する、アトリエ兼住居

sudo_14

シンクとガスコンロを2方向に分けたセパレート型のキッチンはオリジナル

sudo_15

ワーロンシートを貼った引き戸を引くと、玄関から室内が隠れる。玄関からの冷気よけにも


― 完成したお住まいは、当初からのイメージ通り、LDKとアトリエ、寝室という間取りですね。玄関を入るとすぐにキッチンが出迎えて、バルコニーへと抜けるLDKは開放感があります。

剛さん:できるだけLDKを広くしたかったんです。アトリエは、玄関土間とキッチン側から出入りできるようになっていて、玄関はワーロンシートを貼った引き戸で仕切ることができます。将来、子どもができたら、可動式家具をつくってリビングの一角を仕切るか、オフィスを外に借りて、アトリエを子供部屋にすることを考えています。

― LDKに居ると玄関までもが部屋の一部という感覚になります。広々とした空間ですが、意外と落ち着きますね。


剛さん:白だけの空間では緊張感が生まれてしまうので、さまざまな素材を使って、置くものを選ばない空間づくりを目指しました。コンクリートの直天井や壁によるラフな印象に偏り過ぎないようにするために、キッチンの上部は木製のルーバーで配管を隠したり、柱や梁の凸凹が目立たないようにデザインして、シャープな見栄えを狙っています。
sudo_16

設計事務所を営む剛さんのアトリエ。黄色い壁は塗装、白い壁は板貼りして塗装


― 完成したお住まいで、「特にここがお気に入り!」という場所はありますか?


由紀恵さん:二人での作業もしやすいセパレート型のキッチンは特に気に入っています。こだわった部分は、洗面室とガラスで仕切った浴室。浴室と洗面室の床のタイルを揃えて、広々と見えるようにしました。

剛さん:実はこの浴室、ユニットバスなんですよ。日ポリ化工というメーカーのユニットバスで、サイズや仕上げをオーダーしてつくれるんです。在来工法という方法で浴室をいちからつくることもできるのですが、防水加工の劣化を考えると、ユニットバスのほうが安心。万が一、水漏れした際に下の階の住戸に影響が及んでしまいますからね。

sudo_17

左/オーダーデザインのユニットバス 右/浴室と仕上げを揃えた洗面室


リノベーション費用は600万円!コストダウンのコツは施主支給とセルフビルド

sudo_18

剛さんのアトリエ。キッチン側と玄関側の2方向から出入りできる


― 剛さんが設計を手掛けたこともあって、浴室や洗面、キッチンの設備、壁や床の仕上げ材は、すべてご夫婦で選ばれたわけですよね。

由紀恵さん:そうです。フローリングやガスコンロ、水栓、便器など、さまざまな材料をサンワカンパニーなどの建材のネット販売サイトで購入しました。

剛さん:こうした、仕上げ材や設備機器を施主自らが購入して施工者に工事してもらう形を「施主支給」というのですが、ネット上でより安い材料を探して購入することができるので、コストダウンにもつながります。

― 最終的にリノベーション費用はどのくらいかかったのですか?

剛さん:600万円でできました!水まわりの位置も間取りもあまり変更しなかった分、キッチンをつくったり、浴室を入れ替えてもこの金額に押さえることができました。自分たちがセルフビルドで工事した部分も、コストダウンにつながっています。


郊外中古マンション+フルリノベーションでトータル1800万円

sudo_19

左上から時計まわりに/アトリエの床もメープル材。安価な継目ありを選択/水栓金具などはネットで購入/浴室と洗面室の床材はお揃い/壁を水色に塗装したトイレ


― 物件購入代金1200万円とリノベ費用を合わせて1800万円。「自分もできるかも…」と期待を抱きたくなる金額ですね。

由紀恵さん:先日、完成後の我が家に、地元の友人たちを招いたら、「マンションって、こんなに変えてもいいんだ!」と、リノベーションに興味を抱いたようでした。この家をつくる前の私のように、「リノベーションって?」という人も、きっとまだまだ多いんですよね。中古物件の選び方や、リノベーションでどんなことができるのかを知ったら、新築以外の住まいの選択肢として、中古リノベーションはもっと身近になるんじゃないかなと思いました。

剛さん:先日は、以前にご両親が暮らしていたさいたま市内の築30年のマンションを、子世帯が住むための空間にリノベーションしたいという 相談を受け、設計をしました。そういった世代交代によるリノベーションの需要も増えていくかもしれません。僕らのように郊外エリアに暮らす人にも、自分好みの空間を手に入れるリノベーションという方法を、もっと知ってもらいたいですね。
sudo_20

寝室の壁の一部は、ボンドの跡を残したコンクリートあらわし


「セルフビルド」や「施主支給」など、住み手が積極的に参加して取り組む家づくりは、コストダウンだけでなく、住まいへの安心や愛着を育む ことにもつながります。リノベーションは、そうした住み手による主体的な家づくりが行いやすい方法だといえるでしょう。設計事務所を営む剛さんは、今回の自身の家づくりを経て実感した中古リノベーションの魅力やコストダウンのノウハウを広めるべく、ご自宅を会場にしたリノベーションセミナー・説明会を催していくそう。須藤さんご夫妻が実践したリーズナブルに自分たち好みのマイホームを手に入れる方法は、多くのひとの家づくりの可能性を広げてくれそうです。
sudo_plan

向かって右手側に個室と水まわり、左側にリビングダイニング、キッチンという大まかな構成を活かしながらリノベーション


>「購入編」では、須藤邸の住宅購入の経緯をレポートしています。

【埼玉県さいたま市 須藤邸 DATA】
■住人データ
須藤剛さん/須藤剛建築設計事務所 TSUDOU DESIGN STUDIO 主宰(30代)
須藤由紀恵さん/ハンドメイド石鹸ブランド『CALMO』デザイナー(30代)
愛犬

■お住まいデータ
専有面積/59.33平米
建物竣工年/1986年
構造/鉄筋コンクリート造
リノベーション完了年/2012年
リノベーション総工費/600万円

■リノベーション設計
須藤剛建築設計事務所 TSUDOU DESIGN STUDIO
http://tsudou.jp/

■ リノベーション施工
HandiHouse project
http://handihouse-project.jp/


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。