「南ぬ島空港」新石垣空港のお土産

lobby

たくさんのお土産ショップが並ぶ南ぬ島空港のロビー


石垣島の新空港「南ぬ島空港」がオープンして、半年。今年の夏休みに八重山を訪れ、ピカピカに新しくなった新空港の様子に驚いた!という人も少なくないはず。昔の石垣空港を知っている人からすると、その変貌の様子はまさに大バージョンアップで、空港のどこを取って見てみても驚きの連続です。新しい空港では、店舗数が以前の何倍にも増えたので、帰途フライト前にお土産を買いたいならショッピングのために余裕を持って空港到着が必須となりました。新空港になってから登場した新しいお土産もあり、早くも新定番として大人気となっている様子も伺えます。今回は、そんなバージョンアップを遂げた石垣島の空港土産についてお話しましょう。


新登場のお土産やさん

rollcake

デザインも洗練されていて素敵な紅芋ロールケーキ

お土産屋がひしめく南ぬ島空港のフロアにおいて、常に多くの観光客で賑わっているのが、「島の菓 八重山屋」。新空港オープンに合わせて新たに出店したブランドで、地元特産物である紅芋や黒糖、パイナップルやピパーツを使ったスイーツが揃います。空港オンリーのお店なので、ここでしか買えないという点も魅力。沖縄県産の紫芋の中でも特に甘みが強く、畑のチョコレートとも呼ばれる沖夢紫を使ったお菓子が色々と揃いますが、一番人気はこの夢紫を使ったロールケーキ「沖夢紫ロールモンブラン」。紫芋のまったりとした甘さと生クリームのコンビネーションが至福のロールケーキは、見た目にもちょっと大人の雰囲気。ガイドのおすすめはシュークリーム! フィリングの紅芋クリームは、クリームというよりもスイートポテトに近いほど濃厚な食感ですが、甘過ぎずに意外とさっぱり、クセになる美味しさです。この「島の菓 八重山屋」のスイーツは、自分用にもおすすめしたいお土産。


人気の新顔スイーツ

お土産の新顔ということであれば、ぬれちんすこうの存在も忘れてはなりません。ぬれちんすこう? とそのネーミングに思わず?がつきますが、名前のととりぬれたちんすこうです。ぬれせんべいのちんすこう版と言えばイメージできるかもしれませんね。島の人気レストラン「美味食彩 花」の原田シェフがプロデュースする新感覚デザートとして人気となっています。確かに小腹が減った時にいただくスイーツというより、食後にいただくデザートにピッタリという印象。

okashigoten

那覇空港で人気のお菓子御殿が石垣島にも登場!

また石垣島で人気の老舗お菓子店である「お菓子のマルシェ」のスイーツが空港でも買えるようになったのも嬉しいポイント。石垣島の塩を使った塩ちんすこうや塩ロールケーキが人気です。石垣島のお菓子のマルシェに対等して、沖縄本島の「お菓子御殿」のスイーツが石垣島空港でも買えるようになったこともちょっとしたトピック。お菓子御殿の紅芋タルトファンには嬉しいニュースですね。


まだまだある、おすすめのお土産色々!

さて、甘いものが続きましたが、スイーツ以外の人気のお土産といえば、砂川冷凍総合食品の石垣牛ハンバーグはいかがでしょう? ジューシーな石垣牛ハンバーグがなんと1個168円で買えるとうのはとってもお得! もちろん、予算にもっと余裕があるという人は石垣牛を買って帰ってください。また、旧空港の時からですが、石垣島空港では市街のスーパーとそう変わらない価格で八重山そばやかまぼこ、調味料といった食材を買うことができるので、こちらもおすすめです。スーパーに行く時間がなかった!という時でも、空港でちゃんと一揃いするので安心なのです。

食べ物以外では、ポップなデザインが人気の島Tシャツ「REKIO・GORES」のショップが人気。八重山の神様ミルク神をモチーフにしたものや、泡盛Tシャツ、新空港のキャラクターであるカンムリワシのぱいーぐるくんTシャツなど、様々なデザインのものが揃います。どれも100%八重山デザインなので、気に入ったものと出会えたら旅の思い出にいいかもしれません。

royce

定番のロイス石垣島。商品数が多いので、どれを選ぶか迷います


とにかく、店舗数とその品数の充実がすごい南ぬ島空港。もちろん、これまでの定番人気アイテムロイズ石垣島のお菓子や、石垣島の塩、ちんすこう、ピパーツ、コーレーグースといった品々もちゃんと揃っているます! あれこれ迷ってしまいそうな新空港でのお土産選び。くれぐれも時間に余裕を持って空港に向かいましょう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。