競技の公平性 

ボクシングに限らずスポーツには選手の体重によって「階級」が定められているものがあります。特に数ある格闘技のほとんどは階級が設定されています。なぜかというと、たとえば体重100キロの選手と体重50キロの選手が戦うとしましょう。体重が50キロの選手に勝つ可能性がないわけではありません。しかし体重100キロの選手のほうがかなり有利と言えるでしょう。

格闘技のテクニックというものを除いて体重差はとても大きなアドバンテージになるのです。その個人の体重差というアドバンテージをなるべく少なくして競技の公平性を出すためにそのように設定されています。

ボクシングの17階級

ボクシングの17階級

ボクシングの17階級

そしてその体重によっての階級分けもボクシングは全17階級と非常に多く細分化されています。各階級名と設定された体重は次のとおりです。

  • ヘビー級 90.719キロ(200ポンド)超
  • クルーザー級 90.719キロ(200ポンド)以下
  • ライトヘビー級 79.379キロ(175ポンド)以下
  • スーパーミドル級 76.204キロ(168ポンド)以下
  • ミドル級 72.575キロ(160ポンド)以下
  • スーパーウェルター級 69.853キロ(154ポンド)以下
  • ウェルター級 66.678キロ(147ポンド)以下
  • スーパーライト級 63.503キロ(140ポンド)以下
  • ライト級 61.235キロ(135ポンド)以下
  • スーパーフェザー級58.967キロ(130ポンド)以下
  • フェザー級 57.153キロ(126ポンド)以下
  • スーパーバンタム級 55.338(122ポンド)キロ以下
  • バンタム級 53.524キロ(118ポンド)以下
  • スーパーフライ級 52.163キロ(115ポンド)以下
  • フライ級 50.802キロ(112ポンド)以下
  • ライトフライ級 48.988キロ(108ポンド)以下
  • ミニマム級 47.627キロ(105ポンド)以下
という感じにかなり細かい数字で区切られています。