ボクシングは左右の拳以外で相手を攻撃してはいけません。蹴りがダメなのは知っている方もいると思いますが、そう言われるとそれ以外にどんな攻撃があるんだ?と思いますよね。

数ある格闘技の中には拳以外に肘や頭突きまで許されているものや、打撃以外にも関節技が許されているものもあります。沢山の技を使う事が許されていればそれだけ多種多様な動きが生まれます。では左右の拳でしか闘う事が許されないボクシングは地味のものになってしまうのか?というとそんなことはありません。

ボクシングのルール

右ストレート

相手のガードを崩して急所を狙う

まずは簡単にボクシングのルールを説明してから醍醐味を紹介しましょう。ボクシングでは先に書いたように左右の拳のみで相手を攻撃しますが攻撃できる範囲も決まっています。

頭部は前頭部と側頭部のみ。後頭部は反則とされています。身体は選手の履いている「トランクス」の上部のゴムの部分「ベルトライン」と呼ばれる部分より上への攻撃は許されますがベルトライン以下の攻撃は「ローブロー」という反則になります。簡単に言えば上半身のみです。その狭い範囲の中で「急所」を攻撃します。

急所とは頭部だと目、眉間、鼻、アゴ、こめかみ、身体だと喉、心臓、みぞおち、胃、肝臓、腎臓、等です。試合でKOするにはそれらを的確に打っていかなければ倒せません。大まかなルールとしてはこんな感じです。

ディフェンスとオフェンス

トレーニングをしていない人でも急に殴られそうになったり危険を感じた時には動物的な「本能」として手で振り払ったり身体を丸めたりして相手の攻撃を防ぐと思います。ボクシングの相手は「ディフェンス」のトレーニングをしっかりと行ってきたボクサーですから、尚の事当てるのは至難の技です。

また、ボクサーはディフェンスと共に相手を倒す為の「オフェンス」もしっかりとトレーニングを行っています。制限が多い中、強打を売りにしているボクサーが見事なディフェンスで空回りさせられたり、ディフェンスに定評のあるボクサーがそれを上回る攻撃力で打ち倒されたりという事が起こるのがボクシングの醍醐味と言えるでしょう。どういう事か簡単にボクシングテクニックなども交えながら説明しましょう。