不気味なお化けの手 spooky popcorn hand

SPOOKY POPCORN HAND

SPOOKY POPCORN HAND 

1つ目は、アメリカ人ママ達に教えてもらったハロウィンにピッタリなお菓子をご紹介します。 spooky popcorn handは日本語に訳すと、不気味なポップコーンの手と言う意味です。作り方はとても簡単で、透明のビニール手袋にお菓子を詰めるだけです。爪の部分には、アメリカではハロウィンに欠かせないお菓子であるcandy cornを使いますが、味が日本人の口に合わなかったようで、最近はほとんど輸入されていないため、今回はグミキャンディで代用しています。この不気味なお菓子は、ハロウィンパーティーの人気のアクティビティなので、ぜひ子ども達に作ってもらいましょう。

材料:

ポップコーン、フィンガーチョコレート、グミキャンディ、ビニール手袋、リボン、おもちゃの指輪

作り方:

グミキャンディを

赤やオレンジのグミキャンディを選んでください

1. 手袋の爪の部分にグミキャンディを詰めます。

 
フィンガービスケット

銀の包み紙の方が指らしく見えます

2. 指の部分にフィンガービスケットを詰めます。

 
ポップコーン

しっかりと詰めてください

3. 手の平の部分にポップコーンを詰めます。

 
リボン

ハロウィンらしい色のリボンを使いましょう

4. 手袋の口をリボンで絞ります。

 
指輪

指輪をはめると面白いです

5. 指におもちゃの指輪をはめると面白いです。 

 
nut2deco

ハロウィンデザインの指輪です

*写真の指輪は、スイーツデコの材料が一堂に揃うお店「NUT2deco」で購入しました。この指輪は、アメリカでカップケーキ用の飾りとして使用されています。しかし、日本には食用の飾りとして輸入されていないため、食品には直接触れないようにしてお使いください。