ポイント別!おすすめアイライナーの引き方

できるだけ筆先が細いジェルライナーを使います。
ペンシルタイプは、程よい硬さの見極めが難しいです。

最大のコツは、肘を固定させること。肘をついて手元を安定させます。

■全体
鏡を下のほうの設定して、伏し目がちになったらまつげの隙間が分かります。
そこを少しずつ埋めていきます。
慣れるまでは、一本線で引こうとしなくても大丈夫です。
細い筆先に慣れれば、そのうち太いラインも引けるようになります。

■真ん中
目を大きく見せたいなら、黒目を足すイメージで真ん中を太めに。
描いているときは不自然でも、普通にしていれば目が大きく見えていることが分かります。

■目尻
よく、目尻を跳ね上げると雑誌などに書かれていますが、無理に意識しなくても大丈夫です。
不自然に跳ね上げるなら描かないほうがいいです。

特にたれ目さんは目尻1/3ぐらいから、真っ直ぐ引いた方が自然です。
最後に跳ね上げるように描けないまぶたもあるのです。

つり目さんは、猫目を生かすならまぶたに沿って描けばいいのですが
そうでなければ、下まぶたの目尻1/3も描いてください。
でも上下の目尻をくっつけないこと。

ライン一本で好みの目に近づけるので、メイクの中でもかなり面白いアイテムです。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。