ため息が出るほど美しい世界最大級のゴシック建築

 

     

 

 

■撮影時期
2003年 12月頃

■撮影場所
ミラノのドゥオーモ (ミラノ大聖堂)の屋根

■おすすめポイント
ミラノのドゥオーモ(大聖堂)は1386年に着工し500年をかけ完成した
世界最大級のゴシック建築です。
その美しい建築の屋根の上を歩くことが出来ます。
それも屋根のてっぺんまで歩くので、かなり怖いです。
怖いのですが、レースのようなゴシック建築は美しく、
又135本の尖塔と2245体の見事な彫刻はため息が出ます。でも足下を見ると怖いです。

写真は二度目のミラノの時の写真ですが、正直怖いです。
初めて上ったときは、雨上がりで足下が滑り、落ちて死ぬかと思い
二度と上らないと心に決めました。が……主人とミラノに行ったときに、
上りたいと言われ嫌々上りましたが、やはり足がすくみました。

実際、上った方がこの綺麗な大聖堂の彫刻を間近に見ることが出来、感動します。

高所恐怖症の方にはおすすめできません。
途中、人とすれ違うときが、一番の恐怖でした。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。