海面に映し出される光と闇のコントラスト

 

 

■撮影時期
2013年9月頃

■撮影場所
ヴェネツィア、ジャルディーニ付近

■おすすめポイント
9月に入ると、蒸し暑かったヴェネツィアもぐっと過ごしやすくなります。ヴァカンス客が押し寄せていた街の喧騒が落ち着いてくるのにつれて、日差しや空模様の秋めいてきます。

さらに季節の変化を感じさせるのが、海です。照りつける太陽の光を反射して、賑やかに輝いていた波がすっかり穏やかになり、心なしかぐっと青色が濃くなります。
この時期のサン・マルコ広場近くのスキアヴォーニ河岸からジャルディーノにかけての運河沿いからのラグーナの眺望は素晴らしいの一言に尽きます。

しかし、なにより素晴らしいのは夕暮れです。9月頃になると、18時ごろから日が暮れだすのですが、青く澄んだ秋空と夕日の色が組み合わさり、さらに海面に映るは一日として同じ風景はなく、見飽きません。

写真の遠景に見えるのは、サンマルコ広場の鐘楼と広場の対岸にあるサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会です。この後、だんだんと暗くなっていくにつれて色は消えていき、続いて現れる光と闇のコントラストが海面に映し出されるの様子も絶景です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。