見渡す限りの絶景が続く美しい山

 

 

 

 

■撮影時期
2007年9月

■撮影場所
イタリア・モンブラン

■おすすめポイント

イタリアとフランスとスイスに跨る、ヨーロッパ最高峰のモンブラン。
このモンブランをグルッと歩いて周る、ツールドモンブランに挑戦してきたときの写真です。

イタリア側からモンブランに一番近い町はクールマイヨールという街。
フランス側はシャモニーです。
山の上を通り、このイタリアとフランスの国境を跨いできました。

一週間かけてのトレッキング。もちろん辛かったのですが、それ以上に、見渡す限りの絶景が続き、美しい山の魅力をタップリ味わうことができました。
登山シーズンも終わりの9月でしたが、所々雪が残り、しかしながら、花も咲き、蝶も飛び交っています。青い空が近くて、まるで、空の上を歩いているかのような錯覚を覚えます。
こんな険しい山道を自転車で登る外国人の方もいました。

イタリアとフランスの国境といっても山の上なので、「イタリアに入ったぞー!」と気分的には感じるものの、通り過ぎた所でガラっと何かが変わるわけではありません。

国境を越えた後は、エリザベッタ小屋という小さな山小屋で一休み。
ここからは、崩れ落ちる氷河を眺めることができます。
自然の雄大さと山の素晴らしい景色を思う存分堪能することが出来ました。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。