心地よく感じてしまう、魅力的なナポリの街並み

 

 

 

 

■撮影時期
2010年8月

■撮影場所

イタリア・ナポリ

■おすすめポイント

細い通りが迷路のように交差し、頭上には洗濯物がはためき、街中いたるところにある落書き、ガイドブックなどでよく見る、これぞナポリの街な風景が広がります。
ただ、ポイ捨てされているゴミや色々混ざった生活臭、どこからともなく聞こえる喧騒など、「なんなのこの街!」と思うところは多々あります。でも、何日か滞在しているとちょっとだけ心地よく感じてしまうのもナポリの街の不思議な所。

特にスパッカナポリは、下町情緒に溢れ、人々が多く行きかう活気ある通りです。
お土産を買わずとも、路地を散策しているだけで、十分楽しい場所です。
「こんなところに!?」という所に大きな教会があったり、「この怪しい路地大丈夫かな……」と探検気分で歩いてみるとお洒落なお店があったりと、驚きの連続です。
ナポリらしさを楽しみながら、下町散歩。お腹が空いたら、ふらっとピザ屋に入って安くて美味しいナポリピザを味わいます。

やはり治安は悪いので、夕暮れ~夜は避けたほうが良いかもしれません。
また午後になるとこぞって店を閉めてしまうので、お目当てのお店がある場合は早めに訪れたほうが良いです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。