東武伊勢崎線新越谷、武蔵野線南越谷、
2つの駅が向かい合う街

両駅の中間地点

武蔵野線南越谷駅改札を出たところ。右手に東武伊勢崎線新越谷駅、駅ビルがある(クリックで拡大)

1973年(昭和48年)に当時の日本国有鉄道武蔵野線の府中本町駅~新松戸駅間の開業に伴い、南越谷駅が誕生。乗り換え機能を果たすため、交差する東武鉄道により新越谷駅が開業したのがその翌年1974年(昭和49年)のことでした。新と名付けれたのは、すでに越谷駅があったためですが、その後、2008年には武蔵野線に新駅越谷レイクタウン駅が開業したため、残念ながら、現在では市内で最新の駅というわけではなくなってしまいました。

 

開業から39年(2013年時点)とそれほどに古い駅というわけではありませんが、現在では越谷駅周辺よりも賑わっているのは東武伊勢崎線(この区間は東武スカイツリーライン)が東京メトロ半蔵門線、同日比谷線と相互乗り入れをしているため。乗り換え無しで、都心まで行けてしまう足回りの良さから、商業施設、住宅などが年々増加しているのです。

 

武蔵野線

京葉線経由で東京駅へもダイレクトアクセス。京葉線に強風を避けるための塀ができたことから遅延が少なくなるのではと期待する向きもあるが、今のところ実感されるほどではないらしい(クリックで拡大)

もう一方の武蔵野線も京葉線と乗り入れているため、東京駅、海浜幕張までの直通がありますが、平日朝7時台を除いては1時間に3本ほど。やや物足りない感があります。また、元々が貨物線として開業したため、交差する他路線との乗り継ぎがあまり便利でない、遅延などが多いと芳しくない評判もあるようです。

 

2つの敵

左側が新越谷駅(建物5階)、右側の白い屋根のさらに右が南越谷駅。いずれも高架駅で乗換えはあまりスムーズではない(クリックで拡大)

新越谷、南越谷、両駅間は直接つながってはおらず、どちらも高架駅であるため、一度地上に降りてから乗り換える必要があります。この駅近くに住んでいれば利用するのはどちらか一駅ですから、さほど面倒ではありませんが、近隣に住み、ここで乗り換えとなると微妙に面倒かもしれません。

 

バス停

新越谷駅西口にある成田、羽田行きのバス停。郡山行きのバスもある(クリックで拡大)

また、駅前からは羽田、成田行きのバスがあり、ビジネスマンには便利そう。そうそう、ファミリーには京葉線利用でディズニーランドに1本という点もひそかに人気と聞きました。

 

続いては東武伊勢崎線新越谷、武蔵野線南越谷それぞれの駅周辺の様子を見ていきましょう。