位置指定道路

【いちしていどうろ】

建築基準法による道路の一つで、建築基準法第42条1項5号に定められたもの。新たに私道を築造する場合などにおいて、一定の技術的基準に適合することを要件に特定行政庁からその “位置の指定” を受けた道路のことを、一般的に「位置指定道路」と呼んでいる。

最低限の幅員は4mだが、4.5m、5m、6mなど任意の幅員で指定を受けている場合もある。

ところが、指定時期から相当の年月を経た位置指定道路では、当初の指定幅員が確保されていないこと(指定された位置と現況の位置とがずれているなど)により、建物の再建築時に道路位置の復元を求められるケースもある。

【関連記事】
位置指定道路と開発道路
道路の種類と接道義務を正しく理解しよう

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。