授乳ペースを減らして決行日に向けた準備を

1歳3ヶ月、おっぱいばかり飲んでしまい、離乳食が進まない為に断乳を決意。
同じように断乳を決めたママ友が2人いたので、相談をしあい同時期に断乳しました。

まずは、夫が協力ができそうな連休を決行日に決め、
その日に向けておっぱいのペースを減らしていきました。
次に泣いたり、寝付けなかった時の為に子どもの好きなDVDなどを準備。

当日は胸にマジックで顔を書きました。いつものように、おっぱいと寄ってきた子どもに
顔の書かれた胸を見せると、びっくりして「ない」と、隠します。
再び、飲みたくなって寄ってきては同じことの繰り返し。
家に居るとおっぱいに執着してしまうので、夫と外へ連れ出して
気分転換をさせて思いっきり疲れさせました。

くたくたになった夜、夜中におっぱいと起きてグズって泣きましたが、
1日頑張ってきた事を無駄にしてはいけない、と用意しておいたDVDを見せて気をそらしました。
30分くらいはぐずり続けましたが、与えずにいたところ、疲れて眠ってしまいました。
次の日にはケロっとしていて、何度か欲しがるものの、諦めも早かったです。

自分の方は断乳に向けておっぱいをあげる回数を減らしていたので、
胸がガチガチになるなどのトラブルもなく、少し張った時に搾乳する程度でおさまりました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。