新しい形もできつつある、ママの働き方

管理職でない場合は、どういった働き方が増えていますか?時短勤務や在宅勤務などでしょうか。

「毎日は働けないけど週3程度は働きたい」という主婦が4~5人で組んで起業して、“企業のある分野のタスクをシフト制でシェアする”というスタイルで働くことも増えているようです。特に、ベンチャー企業やウェブ系の企業、クリエイティブ系など能力重視の業界で多いようで、女性が自分から売り込んで仕事を獲得しているようです。フルタイムかパートか、内職か……という選択肢は昔の話。今はITの普及で、能力のある女性は働く場所を問わず、十分“やりがいのある仕事”ができる時代になったんです。

水野順子さんと佐々木明子アナウンサー

(C)テレビ東京

ママたちの働き方も、バラエティに富んでいるんですね。そんな状況になっているなんて知りませんでした。

でも、本当にここ数年の話です。震災などがあって、日本全体の“働く”ということに対する考え方が、少し柔軟になったというのも大きな転機だったと思います。

となると、この時代に女性が一生働き続けるためには、やはりIT系のスキルを身につけることが大切なんでしょうか。

在宅でできる仕事にIT系のスキルが必要なことは多いのですが、一番求められているのはコミュニケーションスキルです。実質的な業務は、後から覚えられることも多いんです。それよりは、フルタイムで働いている時から同僚や上司、取引先とコミュニケーションを十分に取り、「またこの人と働きたいな」と思われることが大切。事実、結婚・出産を機に転職しようとすると、コミュニケーションスキルが高い女性は「ぜひ我が社に……」とヘッドハンティングされたり、「就業スタイルを変えても働き続けてほしい」と引き止められたりするものなんです。また、FacebookなどSNSを活用して転職活動する方もいますが、それもやはり、コミュニケーションスキルがあってこそできること。そのため私は、「転職したい」という女性に、まず「引き止められる人材になってから転職しましょう」とアドバイスしています。必要とされる人材になっていれば、結婚しても、ママになっても、どこでだって働けるんですよ。

社会的な制度が整ってきた今、最後に問われるのは個人のスキルなんですね。勉強になるお話、本当にありがとうございました!

(文:大高志帆 写真:伊藤高詞)

【関連リンク】
テレビ東京ビジネスオンデマンド
「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」など、テレビ東京系列で放送中の人気ビジネス系6番組を好きなときに見られる新サービス。パソコンやスマートフォン、タブレットに対応しており、日本全国、いつでもどこでも月額500円(税別)で見放題! ビジネスマンはもちろん、就活中の学生諸君も要チェックです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。