憧れのカリビアンリゾートへ

どこまでも広がるトルコブルーの海と白い砂浜。憧れのカリブリゾート!

どこまでも広がるトルコブルーの海と白い砂浜。憧れのカリブリゾート!

メキシコ南部ユカタン半島のカリブ海側に位置するリゾートは、日本のハネムーナーからも人気急上昇中のスポット。気候は熱帯に属し、年間気温が平均25.9度と常夏なので、冬場には避寒のため、世界中から多くの観光客が訪れま す。

日本からカリビアンリゾートへのアクセス

日本から空港のあるキンタナ・ロー州カンクンまでは直行便がないので、アメリカの主要都市で乗り換えるのが一般的です。アメリカからはコンチネンタル、アメリカン・エアライン、デルタ、ユナイテッド、コリアンエアなど、多くの航空会社がカンクン行きの便を出しています(アメリカを経由しない場合は、メキシコシティかティファナから乗り換えになります)。

カンクンの空港から目的地へは、シャトルバスかタクシーで移動を。ここでは、カリビアンリゾートの代表格であるカンクンや、近年注目を集める町=プラヤ・デル・カルメンを含むリビエラマヤと呼ばれるエリア、さらにチェチェン・イッツアやトゥルムを代表とするマヤ文明の遺跡まで紹介していきます。

カンクンと近郊エリア

カンクンといえば優雅なリゾートホテル

カンクンといえば優雅なリゾートホテル

ユカタン半島の南、キンタナロー州に位置するカンクン。1970年代より開発が始まり、今や世界中から人々が訪れるリゾート地へと発展しました。日本でもハネムーナーを中心に憧れリゾートとして人気を集めています。ここでのおすすめは、カンクンだけではありません!

近隣のローカル色豊かな島であるイスラ・ムヘーレスやホルボッシュなどもエリア別に案内していきます。カンクンと近郊の詳細はこちら>>>カンクンとカンクン近郊 

リビエラマヤ

リビエラマヤに多く分布するセノーテ ©リビエラマヤ観光局

リビエラマヤに多く分布する天然の井戸=セノーテ ©リビエラマヤ観光局

カンクンから遺跡のあるトゥルム周辺までの160kmにおよぶカリブ海岸沿いの地域=リビエラマヤ(Riviera maya)。その中心となるプラヤ・デル・カルメンは、ここ数年でめまぐるしく発展し、ヨーロッパからの観光客が多く訪れるクールな町と評判。さらに豊かな自然があることから、リビエラマヤはカリブ観光に外せない重要ルートになっています。

プラヤ・デル・カルメンを中心に、リビエラマヤのおすすめを紹介していきます。 リビエラマヤの詳細はこちら>>>リビエラマヤ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。