チーズケーキ、ベリーソース添え

所要時間:60分

カテゴリー:チーズケーキベイクドチーズケーキ

 

チーズケーキ、ベリーソース添えのレシピ

濃厚でクリーミーなチーズケーキに、いちごとブルーベリー、フレッシュで鮮やかな2種類のフルーツソースを添えました。甘みと酸味、そしてクリーミーな美味しさは絶妙。ベリーソースもチーズケーキも、作り方と材料はとてもシンプルなので、気軽に作っていただけるレシピです。2種類のベリーソースの作り方(レシピ)と、チーズケーキの作り方をご紹介します。

チーズケーキ、ベリーソース添えの材料(デコ型 直径約24cm 1コ分

チーズケーキの材料
クリームチーズ 500g
サワークリーム 65g
グラニュー糖 60
(L玉) 4コ
生クリーム 200cc
はちみつ 60g
バニラエッセンス 少々
レモン汁 1コ分
ビスケット (市販品) 100g
シナモンパウダー 少々
無塩バター (溶かしておく) 50g
イチゴのソースの材料
いちご 1パック(ヘタをとって約250g)
グラニュー糖 60g
レモン汁 1コ分
ブルーベリーのソースの材料
ブルーベリー (冷凍) 200g
グラニュー糖 50g
レモン汁 1コ分
※その他…ワックスペーパー、アルミホイル、熱湯

チーズケーキ、ベリーソース添えの作り方・手順

ソースの作り方

1:

イチゴは洗って水気をよく切り、ヘタをとります。ほうろうまたはステンレスの鍋にイチゴを入れ、グラニュー糖、水(分量外:大さじ 2)、レモン汁を加えて5分置きます。イチゴの水分が出てきたら、強めの中火にかけます。

2:

沸騰したら強めの火加減のままで、アクをとりながら10分煮詰めます。

3:

ブルーベリーのソースも同様の手順です。但し冷凍ブルーベリーを使用するので、解凍されるまでイチゴよりも長めに、約15分ほど置いてから火にかけてください。

チーズケーキの作り方

4:

クリームチーズは室温におき、やわらかくしておきます。卵は室温に置いて常温にしておきます。型の底に合わせてワックスペーパーを敷きます。バターは電子レンジで数十秒加熱し、溶かします。オーブンは170度に設定して、あらかじめ温めておきます。

5:

ビスケットはフードプロセッサーまたは手で細かく砕いて粉状にし、シナモンと溶かしバターを加えて、全体がしっとりしてバターとなじむまでよく混ぜます。型に合わせて敷いたワックスペーパーの上にビスケット生地を均一の厚みになるように敷き、手で押さえて軽く固め、冷凍庫で冷やします。

6:

ボールに室温に置いてやわらかくしたクリームチーズ、サワークリーム、大さじ2杯分を除いたグラニュー糖、はちみつ、レモン果汁、バニラオイルを入れ、電動泡立て器などで全体がなめらかになるまでよく混ぜます。次に卵を1つずつ加え、その都度、分離しないように生地とよくなじませます。完全になじんでから次の卵を加えます。

7:

生クリームに、あらかじめ取っておいたグラニュー糖(大さじ2杯分)を加えて泡立てます。ふんわり角が立つ程度、7~8分目まで泡立てます。

8:

3に4を加え、ゴムベラで全体を底から返すように、優しく手早くムラがなくなるまで混ぜてゆきます。

9:

お湯が入ってこないよう、型の外側をアルミホイルで覆います。冷やしておいた型に、出来上がった生地を流し込み、表面を軽くならしたら、あらかじめ170 度に温めておいたオーブンで約45~50分焼きます。天板には熱湯を注ぎ、蒸し焼きのように加熱します。

10:

焼き上がったらオーブンからだし、金網に置いて粗熱をとります。その後ラップをして冷蔵庫で食べる直前まで冷やしておきます。

十分に冷えたら、ケーキを切り分けてベリーソースをお好みの量だけかけて、召し上がってください。

ガイドのワンポイントアドバイス

卵を生地に混ぜる時は、分離しないよう、その都度よく混ぜてください。はちみつの代わりにメープルシロップを入れてもおいしいです。今回ビスケット台には、マリービスケットを使いました。その他、グラハムクラッカーやショートブレッドなど、お好みのビスケットをお使い下さい。オーブンの出し入れなどの時はやけどにお気をつけ下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。