「中年太り」の原因と解消法!

まずは中年太りの原因を理解しよう!

まずは中年太りの原因を理解しよう!

「中年太り」って嫌な響きですよね……。40代前後から症状が出てくるといわれる「中年太り」とは、白髪や老眼と同様、体の機能低下による老化現象のひとつといわれています。

そこで今回は、老化を遅らせるとともに、太らない体づくりのための対策&方法をご紹介。「中年太り」なんて言わせない! いつまでも健康的で若々しいボディをキープする秘訣を伝授していきます!

 

「中年太り」の原因

まず一番の原因は筋肉量の低下です。筋肉量が低下すると基礎代謝が下がるものですが、この基礎代謝量は10代後半をピークに低下していき、40代を境に50代、60代でガクンと落ちるそう。

そのため、若いころと同じように食べたり飲んだりする生活習慣を続けていれば、どんどん太り「中年太り」まっしぐらというわけです。

次に、「酸化」「糖化」「ホルモンの変化」も「中年太り」そして「老化」の原因となります。細胞やホルモンの機能が低下することで、代謝低下や老化も加速させます。

そこで! 食事、運動など生活習慣を少し見直すことで、「酸化」「糖化」「ホルモンの変化」を緩和させる方法をご紹介していきます。

「酸化」をゆるやかにする方法

食事方法をちょっと意識するだけで◎

食事方法をちょっと意識するだけで◎

「酸化」とは、「活性酸素」が体内に増えることでタンパク質、脂質が酸化し、細胞の働きが低下することです。もともと私たちのカラダの中には、この「活性酸素」を消去してくれる酵素があるのですが、残念ながらこの消去酵素も40代からは減っていくもの。

そこで、普段から意識的に以下のような抗酸化物質の多い食材を摂るようにすることが大事です。

■ベータカロテン
ニンジン、カボチャ、ほうれん草など

■ビタミンC
レモン、ミカン、ブロッコリー、小松菜など

■ビタミンE
アーモンド、ほうれん草、カボチャ、イワシなど

■ポリフェノール
赤ワイン、ブルーベリー、ココア、緑茶、リンゴ、大豆など